お金とは、
事業を成り立たせるための血液

神田昌典(Masanori Kanda)
経営コンサルタント・作家。株式会社ALMACREATIONS代表取締役。日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」主宰。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。コンサルティング業界を革新した顧客獲得実践会を創設(現在「次世代ビジネス実践会」)。のべ2万人の経営者・起業家を指導する最大規模の経営者組織に発展。わかりやすい切り口、語りかける文体で、従来のビジネス書の読者層を拡大。「ビフォー神田昌典」「アフター神田昌典」と言われることも。『GQ JAPAN』(2007年11月号)では、「日本のトップマーケター」に選出。2012年、アマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位。著書に、『あなたの会社が90日で儲かる!』『非常識な成功法則【新装版】』『口コミ伝染病』『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』『全脳思考』『ストーリー思考』『成功者の告白』『2022――これから10年、活躍できる人の条件』『不変のマーケティング』『禁断のセールスコピーライティング』、監訳書に、『ザ・コピーライティング』『伝説のコピーライティング実践バイブル』『ザ・マーケティング【基本篇】』『ザ・マーケティング【実践篇】』などベスト&ロングセラー多数。

 プロジェクトを成功させるためには、利益を生み出す必要がある。

「お金のために、やっているわけじゃない」とお金を卑(いや)しいものと考えたり、「私たちも、赤字で頑張っているんです」と赤字を自慢したりする人もいるけれど、これでは【貧す人】に一直線

 お金とは、事業を成り立たせるための血液だ。
だから「お金のために、仕事しているわけじゃない」とは、「血液のために、生きているわけじゃない」と言うようなもので、言うまでもなく、当然のことである。

 大切なのは、どうすれば健康な血液(お金)を身体(事業)にめぐらせられるかということである。

 そのために必要なのが、「粗利8割の法則」である。

 今や粗利が8割ない商品を扱うのは、よほど潤沢な資金がないと難しい。なぜなら、現在、ひとりの顧客を見つけるための費用(顧客獲得コスト)は、安くてもひとり当たり5000円程度。普通は1万~2万円以上はかかる。

 どんなにインターネットが発達して顧客に出会いやすくなったとはいえ、これくらいはかかるのだ。

 化粧品や健康食品のようなリピート性の高い商品でも、半年たたなければ、当初の広告宣伝費用を回収できないわけだ。

「粗利8割」にする方法

 そこで回収期間を短くするためには、なるべく最初から粗利が高く設定できる商品・サービス、粗利8割以上のものを売らなければならない。

 とにかく持ち出したお金よりも、入ってくるお金が多くなること。100円でもいいから、とにかく利益を上げること。

 どう粗利を確保していくかは、すべてのビジネスパーソンが養わなければならない、極めて重要な事業センスだ。

「神田さん、粗利8割なんて、そんなうまい商品はありません……」
 と言うかもしれないけれど、【稼ぐ人】は、「粗利8割にするには、どうすればいいか?」と考え、商品・サービスが顧客に提供する価値を、できるだけ引き上げてから売るようにする。

 その方法は、意外に簡単だ。
 単品で商品を販売するのではなく、関連商品を含めたパッケージ商品にする。

 コンサルティングやカウンセリング・サービスを販売する。チケット制にする。会員制にする。定期購入プランをおすすめする。安心保証をつけて、保険収入で利益を出すなど。

 考える努力を惜しまず、目標だけでも、とにかく粗利8割を目指してほしい。