ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
一流の育て方
【第8回】 2016年4月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
ムーギー・キム

「親の愛情」「子の感謝」「人の育て方」の3つを同時に学ぶ、「一流の育て方」
子育て・孫育て・部下の育成および、親・上司の「育て方」の評価に最適

1
nextpage

竹中平蔵教授が「『親の教科書』といえる稀有な良書」と評し、『「学力」の経済学』著者、中室牧子氏が「どうやって子どもをやる気にさせるのか、その明快な答えがここにある」と絶賛!
“グローバルエリート”ムーギー・キム氏と、子育て連載でバズ記事連発のミセス・パンプキン氏が膨大な「家庭教育調査」から著した画期的な一冊『一流の育て方 ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子』を育てるから、子どもにとって「本当にためになる」育て方の秘密を公開する。

なぜ、発売1ヵ月で11万部突破したのか?

『一流の育て方』がおかげさまで、発売1ヵ月で11万部突破した。
 これもひとえに光り輝くダイヤモンド読者の皆様の暖かいサポートと、ダイヤモンドの強力なマーケティング能力、そして編集者・三浦さんの有能さによるところが多い。ただここで今更ながら、本書がこれほどの支持を頂いた理由について考えてみることにしたい。

 それは一言でいえば、本書が「親の愛情」、「子どもの気持ち(感謝)」、そして「人の育て方」を学べるという、「広い間口の三重奏」であることが一因であろう。また強力な差別化ポイントとして、「200もの実際のエリート家庭の家庭教育方針アンケート」に依拠しており、加えて共著者であるミセス・パンプキンの、「下から目線」の豊富な育児体験(氏は東洋経済オンラインで過去3年間、毎週家庭相談コラムを執筆)に裏打ちされていることがあげられる。

 加えて各章の冒頭で、私が「一流のビジネスリーダーたちの育児方針」を調査して紹介していることも、他にない差別化ポイントである。

 本コラムでは、本書に寄せられるネット上の書籍レビューサイトに掲載されている『一流の育て方』への感想文から、本書がどのように受け止められ、評価されているのか、皆様にご紹介させていただきたいと思う。

「読者は読んでどう思ったのか?」読書メーターでの口コミ分析

 ここで、本に対するレビューが集まるサイトとして、「読書メーター」を一部引用させていただいている。これは、Amazon.co.jpなど販売と直結したレビューサイトは、「サクラおよび、営業妨害用の批評」が氾濫しているからだ(詳しくは「Amazon レビュー 信頼性」で検索していただければ、その実態がおわかりいただけるだろう。たとえば中傷レビューを書いている人の大半が、その商品のレビュー以外これまでAmazonでレビューをしたことがなく、単に著者の足を引っ張りたいだけの戦場と化していることも少なくない。もちろん、Amazon側がレビューの信頼性を高めるために努力をしていることは付け加えておく)。

 これに対し、読書メーターはドワンゴ傘下だが、本当に読書好きの人が集まるコミュニティなので、実際にその本を読んだ人がレビューを書いているのがわかる。

 Amazonに限らず、商品のレビュー機能を掲載しているサービス業者は、そのレビューの信頼性を担保するための一層の努力をするべきであろう。少なくとも、「過去にXX件以上レビューして、実際に買った人だけのレビューを載せる」など、すぐできる対応策はいくらでもあるはずだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ムーギー・キム

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国のほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベートエクイティファンドへの投資業務に転身。フランス、シンガポール、上海での留学後は、大手プライベートエクイティファンドで勤務。英語・中国語・韓国語・日本語を繰る。グローバル金融・教育・キャリアに関する多様な講演・執筆活動でも活躍。著書に『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』(東洋経済新報社)がある。


一流の育て方

竹中平蔵教授が「『親の教科書』といえる稀有な良書」と評し、『「学力」の経済学』著者、中室牧子氏が「どうやって子どもをやる気にさせるのか、その明快な答えがここにある」と絶賛! “グローバルエリート”ムーギー・キム氏と、子育て連載でバズ記事連発のミセス・パンプキン氏が膨大な「家庭教育調査」から著した画期的な一冊『一流の育て方 ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子』を育てるから、そのノウハウを大公開する。

「一流の育て方」

⇒バックナンバー一覧