ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊・上杉隆

例年になく静かな65回目の夏。政治が靖国問題を直視すべき時が来た

上杉 隆 [(株)NO BORDER代表取締役]
【第138回】 2010年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 終戦記念日、今年も靖国神社に参拝に行った。1999年以来、11年連続となる。

 参拝後は取材である。到着殿に回り、国会議員の参拝後の様子を窺った。その後は例年通り、境内大鳥居の脇のところで「チャンネル桜」のインタビューに応じた。久しぶりにお会いした東條英機元首相の孫・東條由布子氏とも挨拶を交わした。

 例年よりも参拝客は少ない。コスプレ風の若い女性参拝者が増えたのも例年にない傾向である。靖国神社の風景は確実に変わっているのだろう。

 菅内閣の閣僚が全員参拝を控えたためか、政治的な騒動も消えたようだ。そもそも、靖国神社の求めている参拝時期はそれぞれ春季と秋季の例大祭である。終戦記念日の英霊顕彰は、日本遺族会の希望である。静かな参拝を望むという点では、靖国側の求める状況に近づいたともいえる。

 筆者が初めて日本遺族会を取材してからすでに9年が経過した。2001年8月13日、時の小泉首相が、内閣総理大臣として久しぶりに靖国を参拝した朝以来、靖国神社は常に騒動の中にあったような気がする。

A級戦犯合祀の問題は
今年も何一つ進展なし

 今回、確かに靖国神社には相対的な「静寂」が訪れた。だが、根本的な問題解決には至っていない。

 その理由は、いわずもがな、いわゆるA級戦犯の合祀の問題が、何一つ進展・解決していないからである。

 9年前のその日、小泉元首相はこう語った。

 「私はね、特定の人だけに対して参拝しているじゃないんです。この戦争でね、苦しい思いをされ、できれば避けたかった、戦場に行きたくなかった多くの兵士がいるんです。その人たちにお参りしているんです」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く

「お腹の調子が悪い」と政権を投げ出した安倍首相。「あなたとは違うんです」と逆ギレして職を辞した福田首相。そして漢字と空気が読めず政権崩壊寸前の麻生首相。この国の政治の混迷とメディアの体たらくを上杉隆が斬る。1500円(税込)

話題の記事

上杉 隆 [(株)NO BORDER代表取締役]

株式会社NO BORDER代表取締役。社団法人自由報道協会代表。元ジャーナリスト。1968年福岡県生まれ。都留文科大学卒業。テレビ局記者、衆議院議員公設秘書、ニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者、フリージャーナリストなどを経て現在に至る。著書に『石原慎太郎「5人の参謀」』 『田中真紀子の恩讐』 『議員秘書という仮面―彼らは何でも知っている』 『田中真紀子の正体』 『小泉の勝利 メディアの敗北』 『官邸崩壊 安倍政権迷走の一年』 『ジャーナリズム崩壊』 『宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く』 『世襲議員のからくり』 『民主党政権は日本をどう変えるのか』 『政権交代の内幕』 『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』 『暴走検察』 『なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか』 『上杉隆の40字で答えなさい~きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」~』 『結果を求めない生き方 上杉流脱力仕事術』 『小鳥と柴犬と小沢イチローと』 『永田町奇譚』(共著) 『ウィキリークス以後の日本 自由報道協会(仮)とメディア革命』 『この国の「問題点」続・上杉隆の40字で答えなさい』 『報道災害【原発編】 事実を伝えないメディアの大罪』(共著) 『放課後ゴルフ倶楽部』 『だからテレビに嫌われる』(堀江貴文との共著)  『有事対応コミュニケーション力』(共著) 『国家の恥 一億総洗脳化の真実』 『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 『大手メディアが隠す ニュースにならなかったあぶない真実』


週刊・上杉隆

永田町を震撼させる気鋭の政治ジャーナリスト・上杉隆が政界に鋭く斬りこむ週刊コラム。週刊誌よりもホットで早いスクープ情報は、目が離せない。
2011年12月終了、後継新連載「週刊 上杉隆」はこちら

「週刊・上杉隆」

⇒バックナンバー一覧