ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2016年6月24日
著者・コラム紹介バックナンバー

これまでの常識は通用しない。
サイバー攻撃に備えるための「5つの新常識」とは

 情報漏えいによる信頼や企業ブランドの失墜、ランサムウェア攻撃による業務の混乱や巨額の身代金支払い――サイバー攻撃が企業に及ぼす損害リスクは、もはや情報システム部門の責任でコントロールできる範ちゅうではなく、企業経営を預かるトップマネジメント層が自ら状況を把握し、立ち向かうべき重要課題となっている。

 サイバー犯罪者たちは何を考え、どのように行動しているのか?それに対し、企業はどのような備えを打って、自社の利益を守り抜くべきなのか?

 大手セキュリティ企業のシマンテックによると、特定企業を狙った昨今のサイバー攻撃は、たんなる思い付きや無計画な行動ではなく、周到な戦略を練り上げ、偵察、侵入・潜入、発見、捕獲、送出という5つの綿密なプロセスによって仕掛けられるという。俗に「キルチェーン」と呼ばれるプロセスだ。

 キルチェーンの仕掛けは大規模かつ長期間にわたる。目的達成まで手を緩めることなく攻撃を仕掛けてくることが特徴だ。企業経営者はその仕組みを理解し、先回りした対策を売っていかなければいけない。攻撃を受けて業務停止、という事態になれば、経営責任を問われることにもなる。

 下記の資料では、「サイバーセキュリティ5つの新常識」と題して、従来の常識を覆す高度化、組織化された攻撃の実態をわかりやすく説明。また対策についても、個別の防御技術を中心にした古い考えを捨て、攻撃者に立ち向かうための「人」「技術」「プロセス」の正しいアプローチを示している。さらにサイバー攻撃の最新調査レポート、脅威対策サービスの紹介資料も閲覧可能。すべての経営者にとって知るべきセキュリティ対策のヒントになるだろう。

資料ダウンロードのご案内

サイバーセキュリティ
5つの新常識
犯罪プロ集団に立ち向かう備えはあるか

【内容】
1 攻撃者の実像を理解する
2 技術を過信してはいけない
3 事件への対処手順を体得する
4 企業側の対処には限界があることを知る
5 頼れるプロ集団と連携してリスクに備える

インターネットセキュリティ脅威レポート
第21号、2016年4月

【主な内容】
・主な数字
・モバイルデバイスと
 モノのインターネット
・webの脅威
・ソーシャルメディア、詐欺、
 電子メールの脅威
・標的型攻撃
・データ漏洩とプライバシー
・クラウドとインフラ

Symantec Cyber Security Services
概要

【内容】
シマンテックが提供する、
高度な監視、インシデント対応、
攻撃者 / 脅威インテリジェンス、
セキュリティ演習 など包括的なサービスのご紹介

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社シマンテック(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

株式会社シマンテック

〒107-0052

東京都港区赤坂1-11-44

赤坂インターシティ




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧