ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「決め方」の経済学
【第2回】 2016年7月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
坂井豊貴

「選挙に勝った=民意に支持された」は間違い!
参院選の前に知りたい「間接選挙の欠点」

1
nextpage

間もなく参院選が始まる。政治家の演説や報道番組ではよく「選挙で民意を問う」という発言が聞こえてくるが、そもそも「民意」とは何だろうか?7/1に発売された新刊『「決め方」の経済学――「みんなの意見のまとめ方」を科学する』の著者である坂井豊貴氏は「選挙結果は民意とは言えない」と断言する。その理由を聞いた。
『「決め方」の経済学』から一部を特別に公開しています)

大阪都構想の住民投票から
何が読み取れるか?

 2015年5月17日に大阪市で、大阪市を廃止して代わりに5つの特別区を設置するという「大阪都構想」への住民投票が行われた。結果は、反対が50.4%で賛成が49.6%。僅差の反対多数で否決となった。

 大阪都構想を推し進めてきた橋下徹市長は、この結果を自身の敗北ととらえ、政治家からの引退を表明した。

 僅差の否決を見て、賛成した約70万人の声も尊重せよとの声もあった。確かにほとんど賛否同率だから、そう言いたくなる気持ちはわかる。でも、そもそも尊重せよとは、何を尊重せよということなのだろう。尊重の対象があいまいだ。

 注意が必要なのは、投票結果が含む情報量だ。情報量が多いなら尊重の対象はわかりやすい。でも少ないならば、尊重せよと言われても、何をかという話になる。反対が50.4%、賛成が49.6%という投票結果があるのはわかる。でもこの数字がいったい何を意味しているのかはよくわからない。

データと解釈は別のことがらだ。スカスカなデータを見て、何かを無理やり読み取ろうとしないほうがいい。人間は自分が見たいものを見つけたがるのだから。

何を問われたか、を問わねばならない。例えば食事のとき、飲み物として、水かウォッカのどちらを選ぶか問うのは、親切ではないだろう。ジュースやお茶が欲しい人は、やむなく一方を選ばされることになる。

住民に与えられているのは
イエスかノーかの選択肢だけ

 大阪都構想は、大阪市をなくして5つの特別区に分けるという、かなり劇的な変更案だった。有権者に与えられた選択肢は、その案へのイエスかノーだ。

 でもイエスに投票した有権者も、そこまで極端な案を求めている人ばかりではないだろう。ノーに投票した有権者も、現状でよいと思っている人ばかりではないはずだ。イエスとノーのあいだにも、濃淡のグラデーションがある。

 住民投票はそのグラデーションを白黒半分ずつ染め上げた。結果からもとのグラデーションはわからない。70万人の賛成票から読み取れるのは、せいぜい「現状をよいとは思っていない」程度のことだ。彼らが実際に何を求めているかについては、勝手な憶測しかできない。

 提案する側の力は強い。なんせ問う案は潜在的にはたくさんありえるのだ。大阪都構想についていえば、自民党県連の提案や、橋下氏が住民投票の否決後に持ち出した「総合区構想」など、ほかにも案はあった。

 橋下氏は「最終的には住民が決める」と言っていたけれど、住民が与えられている役割は、せいぜい最後にスイッチを押す程度のものだ。スイッチを押さない選択はできるけれど、別のスイッチを押す選択はできない。

住民投票は
提案者が圧倒的に強い

 それに、提案する人が、必ずしも親切だとは限らない。自分に都合のよい案を、「これが皆さまに最適な案です。さあ住民投票で認めてください」とやっているのかもしれない。

 これはとても怖いことで、有権者の51%がその案を「まあいいか」と認めたら、強い民主的威信が与えられてしまう。でも別の案のなかには、有権者の90%が高く満足できるものがあったかもしれない。

 多数決だと51%の有権者を押さえれば勝てる。だから提案する人は、「51%以上の支持を受けそうなさまざまな案」のなかで、自分に一番都合のよい案を持ちだすかもしれない。例えば政敵に一番大きなダメージを与えられる案のように。

 大阪都構想の住民投票には、橋下氏が仕掛けた政争の面が確実にあった。橋下氏は大阪市議会では、自分の党以外の議員とは対立していた。大阪市役所との関係もよいものではなかった。住民投票で勝っていたら、それらの敵に大きなダメージを与えられた。

 実際、住民投票後の会見で橋下氏は「戦を仕掛けて、叩き潰すと言ったら叩き潰された」のように発言している。これでは政策ではなく政争の総括だ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坂井豊貴(さかい・とよたか)慶應義塾大学経済学部教授。ロチェスター大学Ph.D.(Economics)

1975年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。。横浜市立大学、横浜国立大学、慶應義塾大学の准教授を経て、2014年より現職。人々の意思をよりよく反映させる選挙方式、物を高く売るオークション方式、人と組織を上手く結ぶマッチング方式といった制度設計の研究で、多くの国際業績をあげる。著書には『マーケットデザイン入門』(ミネルヴァ書房)、『社会的選択理論への招待』(日本評論社)といった定番テキスト、および一般向けの『マーケットデザイン』(ちくま新書)、『多数決を疑う』(岩波新書、2016年新書大賞4位)などがある。2015年義塾賞。


「決め方」の経済学

私たちが慣れ親しんだ決め方である多数決は、欠陥だらけの方法だった。『多数決を疑う』の著者である坂井豊貴氏が、民主的な「みんなの意見のまとめ方」を経済学のツールを使って解説。「多数決」と「数の暴力」はどう違うのか? 曖昧でいい加減な「民意」「選挙」の議論を叩き切る!

「「決め方」の経済学」

⇒バックナンバー一覧