ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「決め方」の経済学
【第1回】 2016年6月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
坂井豊貴

「国民投票」は危険?選挙前に知りたい
イギリスEU離脱から見る「投票の意味」

1
nextpage

本日より、「人々の意見をいかにまとめるか」を研究する「社会的選択理論」の専門家である坂井豊貴氏による新連載がスタート。近日発売される『「決め方」の経済学』では、「みんなの意見のまとめ方」について、経済学のツールを使って解説。選挙をはじめ、あらゆるところで使われている「多数決」というしくみが、いかに危ういものかを説明する。

記念すべき第1回のテーマは、イギリスのEU離脱。6月24日、イギリスで行われたEU離脱をめぐる国民投票では、「離脱」が「残留」を上回り、世界中で動揺が起きている。報道のなかには「国民投票という制度が危険だ」という論調さえ見られる。これは正しいのだろうか。

イギリスのEU離脱
有識者はどう見る?

 イギリスでEUからの離脱をめぐる国民投票が実施され、6月24日に開票された。とくに根拠があったわけではないが、騒動はあれども、イギリスは最終的にはEUに残留すると予想していた。開票前には「離脱騒動でポンドが下落したからイギリスの出版社への支払いが少なくて済む」という知人の冗談を聞いて笑っていた。

 だがその支払額はさらに下がることになる。しばらくしてスマートフォンの待ち受け画面を見ると、新聞記者から電話の着信履歴があることに気づいた。ああ、これは、離脱が賛成多数になったのだと直感した。ニュースサイトで結果を見ると、EUからの離脱が51.9%、EUに残留するのが48.1%であり、「離脱」が僅差で多数決を制していた

 結果に法的拘束力はないという。だがこれは国制の根幹事項についての国民投票であり、民主的正統性はこの上なく高い。人民の意志が発現してしまったもので、その強制力は法的拘束力を凌ぐものだろう。

 私に電話をくれたのは毎日新聞の記者で、私は折り返し電話をかけコメントした。主に述べたことは「イギリスの民主主義が、国家を超えた共同体を構築しようとするEUの試みを否定した」である。

 翌日の紙面を見てみると、私を含む3人の論者がみな、結果に当惑しつつも、国民投票という手続きじたいは肯定する・否定しないといったものであった。

民主主義が大事だというなら
投票結果も大事にしなければならない

 民主制の範型を『社会契約論』で描いた18世紀の思想家ジャン=ジャック・ルソーは、議会政治を行っていたイギリスの国制を非難した。「イギリス人民が自由だと思うのは間違いだ。彼らが自由なのは選挙の期間だけであって、選挙のあとイギリス人民は奴隷となり、無に帰してしまう」という句はよく知られている。

 「自分たちのことを自分たちで決める」直接民主制だから自由といえるのであって、「自分たちのことを決める議員を決める」間接民主制はそうではない、というのがルソーの主旨だ。

 EUからの離脱のように、国制の根本的なことがらを国民たち自身が決めるのは、被治者と統治者の同一性を軸とする民主主義の理念には適っている。『社会契約論』では定期的に人民集会が開かれて、いまの国制を継続するか否かが問われるのであった。民主主義の価値を認めるなら、いかに結果が自分には気に入らなくとも、その国民投票は尊重せざるをえない

 イギリスでの国民投票の結果を受け、国民投票が危険だという論説をよく見かける。たしかにその威力は強いので、自分の力を強めたい為政者が、威信を獲得しようと仕掛ける国民投票「プレビシット」は歴史上にも散見される。

 たとえば、絶対王制を倒したフランス革命の動乱ののち、ナポレオン(およびその甥であるナポレオン三世)が奇妙にも皇帝の座に就くときには、国民投票が用いられた。ヒトラーは自分の行いを正当化するために、総統への就任や、侵略の承認などで、何度も国民投票を実施した。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坂井豊貴(さかい・とよたか)慶應義塾大学経済学部教授。ロチェスター大学Ph.D.(Economics)

1975年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。。横浜市立大学、横浜国立大学、慶應義塾大学の准教授を経て、2014年より現職。人々の意思をよりよく反映させる選挙方式、物を高く売るオークション方式、人と組織を上手く結ぶマッチング方式といった制度設計の研究で、多くの国際業績をあげる。著書には『マーケットデザイン入門』(ミネルヴァ書房)、『社会的選択理論への招待』(日本評論社)といった定番テキスト、および一般向けの『マーケットデザイン』(ちくま新書)、『多数決を疑う』(岩波新書、2016年新書大賞4位)などがある。2015年義塾賞。


「決め方」の経済学

私たちが慣れ親しんだ決め方である多数決は、欠陥だらけの方法だった。『多数決を疑う』の著者である坂井豊貴氏が、民主的な「みんなの意見のまとめ方」を経済学のツールを使って解説。「多数決」と「数の暴力」はどう違うのか? 曖昧でいい加減な「民意」「選挙」の議論を叩き切る!

「「決め方」の経済学」

⇒バックナンバー一覧