ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

介入も円高トレンドは崩れず
株価は当面ボックス圏の動き

藤戸則弘
2010年9月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ITバブル崩壊、今回のクレジットバブル崩壊後の相場には類似性がある。契機となるのは、米リセッションに伴うFRB(米連邦準備制度理事会)の超低金利政策(グラフの(1)とA)である。当然、日米金利差が縮小し、為替は円高傾向になる((2)とB)。そして、政策発動によって回復傾向にあった景気が屈折点を迎え、やがて「踊り場入り」となる((3)とC)。このパターンは両バブルで同一だ。

 今回の円高の根本的な要因は、米国の景気減速である。米国では、「悲惨な数字になる」と身構えていた9月冒頭の経済統計が、予想ほど悪くはなかった。しかし、8月雇用統計において、広義の失業率(パートタイムを余儀なくされている人、職探しを断念した人を加えた失業率)は16.7%に達している。雇用が最悪期を脱したのは事実だが、依然として米国民の2割弱の人びとが満足な職を得ていない状況なのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧