ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

ソフトバンクが3.3兆円で買ったARMとはどんな会社か(上)

【企業特集】ARM(週刊ダイヤモンド2014年5月24日号より)

週刊ダイヤモンド編集部
2016年7月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ソフトバンクが3.3兆円で買収を決めた英ARMは、半導体市場で影の主役として君臨する企業だ。スマートフォンに搭載される半導体の約9割にARMの技術が使われるなど、圧倒的な存在感を誇っている。この知られざる黒子企業に迫った「週刊ダイヤモンド」2014年5月24日号の特集を再掲載する。(「週刊ダイヤモンド」編集部 大矢博之)

 米アップルの「iPhone」や「iPad」、韓国サムスン電子の「ギャラクシー」にソニーの「エクスペリア」、任天堂の「ニンテンドー3DS」──。

 いずれも世界で数千万台以上販売されている各メーカーの目玉製品だが、実は共通点が存在する。半導体の心臓部に、とある企業の技術が使われているのだ。

 半導体の業界関係者以外には耳慣れない名前かもしれないが、その企業こそが、英ARM(アーム)である。ARMはいま、半導体の業界地図を塗り替えるほどの存在感を誇っているのだ。

 半導体産業の主役としてまず思い浮かぶ企業は米インテルだろう。パソコンのCMでおなじみの「インテル入ってる」のキャッチコピーそのままに、文字通り、流通するパソコンの大部分にインテルの半導体は搭載されている。

 だが、電機産業の成長軸がパソコンからスマートフォンに移行したいま、主役の座に就いたのはARMである。ARMの技術を使った半導体はスマホの実に9割に搭載され「デファクトスタンダード(業界標準)になっている」(大手半導体メーカー幹部)。まさにスマホ版の「ARM入ってる」の状況になっているのだ。

 スマホの9割に搭載されているとはいえ、ARM自身は半導体の製造・販売を手掛けていない。

 ARMは半導体の心臓部であるCPU(中央演算処理装置)の設計に特化し、その“設計図”を半導体メーカーに提供する。つまり、IP(知的財産)を武器とする企業だ。各メーカーはARMのCPUのほか、通信や画像処理などの機能も付け加えて半導体全体を設計し、製造・販売する。

省電力を武器に
スマホ半導体の9割に入ってる

 このため、ARMの売上高も、スマホでシェア9割という印象ほど大きくなく、2013年にようやく1000億円を超える程度だ。

 注目は営業利益率で、半導体の製造設備や在庫といったコスト部門を持たないため、13年は50%近くにまで達している。

 一風変わった企業であるARMの源流は、かつて存在した英国の教育用コンピュータメーカー、エイコーン・コンピューターにさかのぼる。1980年代、英BBCの教育番組にコンピュータを提供して一世を風靡するも、80年代後半、米IBMやアップルのパソコンの台頭で苦境に陥る。

 そんな中、回路がシンプルで消費電力が少ないというエイコーン独自のCPUに着目した企業があった。アップルである。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月8日号 定価710円(税込)

特集 国税は見ている 税務署は知っている

あなたに迫りくる徴税包囲網の真実

【特集2】
企業サイトの事業貢献度測定
ウェブサイト価値ランキング2016

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧