ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週末はこれを読め! from HONZ

運転中メールによる死亡事故から「不注意」を科学する

『神経ハイジャック もしも「注意力」が奪われたら』

讃井 知 [HONZ]
【第11回】 2016年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「ながら運転」の末に起こった事件
真相を神経科学の立場から明らかに

 マルチタスクが注意力の欠如を招き、人々のパフォーマンスを低下させることの危険性は近年度々指摘されている。だが、そうは言われても「ながら作業」が既に習慣となってしまい、なかなかやめられない方も多いことだろう。

 本書は19歳の若者が「ながら運転」の末に起こした事件の真相を追うと同時に、現代の高度情報化社会の危険性を主に神経科学の立場から明らかにしている。だが、この事件が起こった2006年はその危険性が広く認識されているとは言い難い状況であった。テクノロジーの発展に人間の情報処理能力が追い付かなくなるのは常だが、リスク認知も同様に遅れて広がっていくためである。

 登場人物の一人であるレジー・ショーは、運転中にガールフレンドとテキストメールのやり取りを行ってしまい、交通事故を引き起こして二人の男性が命を落とした。

 当時、彼が住んでいたユタ州では運転中の携帯電話の操作を過失致死として取り締まる法律はなく、彼自身もそれほど罪の意識が高くはなかったという。スピード違反の前科もなく、地元ではスポーツ万能の好青年として知られた彼が裁かれることになったのは、ちょうどその頃同様の事故が多発したこと、そして人間の注意力の限界を明らかにするアテンションサイエンスの研究が確立されつつあるタイミングだったことが関係していたのかもしれない。本書ではそれを「悪意に満ちたはみ出し者とはいえない人間をどう裁くかという完璧なテストケース」であると表現している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

讃井 知 [HONZ]

学生メンバー。1992年茨城県生まれ。筑波大学人文文化学群/理工学群卒業。同大学システム情報工学研究科博士課程在学中。大学時代につくば市の観光大使やFintech系ITベンチャーの広報を務めた経験から、学外では地域と科学の振興に関係する活動を行なう。読む本はその日の気分だが、犯罪もの、科学系読み物が多め。最近の趣味は、車、猫、食物、筋トレ。

 


週末はこれを読め! from HONZ

読むに値する「おすすめ本」を紹介するサイト「HONZ」から、週末読書にオススメのノンフィクション本のレビューをお届けします。HONZが対象とするのは小説を除くすべての本です。サイエンス、歴史、社会、経済、医学、教育、美術、ビジネスなどあらゆる分野の著作が対象です。

「週末はこれを読め! from HONZ」

⇒バックナンバー一覧