ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
資産防衛に役立つ「税の掟」

「国外財産債務調書」「財産債務調書」の提出義務化や、東京、大阪、名古屋の国税局に富裕層プロジェクトチームが設置されるなど、富裕層の資産に対する当局の監視が強化されている。上手に資産を運用し、適切に節税を行いながら貴重な資産を守るための最新情報を、税と会計に関する実務ニュースサイト「KaikeiZine」の宮口貴志編集長が、分かりやすく解説する。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「資産防衛に役立つ「税の掟」」の全記事一覧
  • 第5回 相続後4ヵ月が期限の「準確定申告」に要注意 

    [2016年11月21日]
    相続が発生した時、被相続人の銀行口座やクレジットカードの整理など、遺族である相続人が行わなければならないことはとても多い。税金についても相続税の申告だけでなく、むしろ多くの人が遭遇するのが「準確定申告」だ。実は、相続税よりもずっと早く税務署に申告しなければならない。申告しないと余分な税金を収めることにもなりかねないので要注意だ。

  • 第4回 非居住地に作った金融口座情報も当局に筒抜け 

    [2016年09月30日]
    2018年以降、非居住地の金融機関に作った口座情報も自国の課税当局に筒抜けになることをご存知だろうか。各国の課税当局は、非居住者が自国の金融機関に開設した口座の情報を収集し、互いに情報の交換を行うという。

  • 第3回 忘れた頃に訪れる相続税調査は「8割がNG」 

    [2016年08月04日]
    相続税にも調査がある。恐ろしいのは、調査が入れば8割以上の確率で非違(=誤り、違反)が指摘されていることだ。結果として重加算税を賦課されることも多い。課税対象者が増えているだけに、どんなものなのかは知っておきたい。

  • 第2回 これが課税当局の「海外資産包囲網」だ! 

    [2016年05月27日]
    「パナマ文書」流出のようなことが起こらない限り、海外に移転された資産の実態はつかみにくいが、「富裕層」の海外保有資産情報の収集に力を入れている日本の課税当局は、「国外財産調書」の他にも、さまざまな“包囲網”を張り巡らせている。

  • 第1回 日本の「富裕層」選定基準は何か 

    [2016年03月31日]
    この連載では、変化する税制の動きをウォッチしながら、上手な資産防衛と承継について考えて行きたい。第1回は、最近とみに課税当局による保有資産への監視が強まっている「富裕層」についてのトピックスを紹介しよう。

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事