ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
やり抜く力
【第5回】 2016年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
アンジェラ・ダックワース,神崎朗子

「頭が良くても使えない人」はこの差でわかる

1
nextpage

世界の心理学者が長年追求してきた「人生で成功するのに最も重要なファクターは何か?」がついに研究で解明された!ビジネスリーダー、エリート学者、オリンピック選手……成功者の共通点は「才能」でも「IQ」でもなく、もうひとつの能力「グリット」だった――。これまでの能力観・教育観を180度くつがえし、世界的ベストセラーとなっている『やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』から、その驚くべき内容を紹介する。

人のどこを見れば、成績や経歴がわかるのか?

 私が「性格的特徴研究プロジェクト」のことを知ったのは、「やり抜く力」の研究を始めて数年後のことだった。その研究報告書を初めて手にしたとき、私はいっきに読み通し、ひと息ついて、もういちど最初から読み直した。

 その夜は眠れなかった。まんじりともせずに考え続けていた。何てことだろう!このプロジェクトで「人生の成功を左右する最大の特徴」とされている「最後までやり通す」という性格的特徴は、「やり抜く力」にそっくりだ!

 私はどうにかしてすぐにでも反復実験を行い、ウォーレン・ウィリンガムの研究結果(本連載第4回参照)を確認しようと考えた。そう考えたのは、ひとつには現実的な動機があったからだ。

 グリット・スケールに限らず、自己評価式のアンケート調査は、よい結果を出そうとして適当に回答するのも簡単だ。しかし調査研究では、よい結果を出したことで参加者がなにか得をするわけではないし、(入社試験や入学試験など)「やり抜く力」の強さをアピールしたほうが得になるような状況でグリット・スケールが使用される可能性も考えにくい。

 したがって、ウィリンガムが行ったような方法で「やり抜く力」を数値評価すれば、参加者がよほどでたらめなウソでもつかない限り、現実に即した結果が得られると思われた。

 ウィリンガム自身の言葉によれば、「なにかを最後までやり通す能力があることを示す明確な兆候を見つけることは、生徒たちの成績や経歴を調べるのに有効な方法」なのだ。

 しかし、さらに重要な目標は、「最後までやり通す」という性格的特徴には、「やり抜く力」と同じように、「挫けそうになっても、あきらめずに努力を続ける」という特徴が含まれるかどうかを確認することだった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


アンジェラ・ダックワース [Angela Duckworth, Ph.D.]

ペンシルベニア大学心理学部教授。近年、アメリカの教育界で重要視されている「グリット」(やり抜く力)研究の第一人者。2013年、マッカーサー賞(別名「天才賞」)受賞。教育界、ビジネス界、スポーツ界のみならず、ホワイトハウス、世界銀行、経済協力開発機構(OECD)、米国陸軍士官学校など、幅広い分野のリーダーたちから「やり抜く力」を伸ばすためのアドバイスを求められ、助言や講演を行っている。
ハーバード大学(神経生物学専攻)を優秀な成績で卒業後、マッキンゼーの経営コンサルタント職を経て、公立中学校の数学の教員となる。その後、心理科学の知見によって子どもたちのしなやかな成長を手助けすることを志し、オックスフォード大学で修士号(神経科学)、ペンシルベニア大学大学院で博士号(心理学)を取得し、心理学者となる。子どもの性格形成に関する科学と実践の発展を使命とするNPO「性格研究所」の創設者・科学部長でもある。
ダックワース教授の研究は、多数の学術専門誌のほか、「ニューヨーク・タイムズ」「フォーブス」「タイム」をはじめ一般紙誌でも広く採り上げられている。長年の研究成果をまとめた本書は、2016年5月の刊行直後から「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラー上位にランクイン。たちまち異例のベストセラーとなり、「CBSニュース」をはじめテレビ等で大きく報じられた。TED トーク「成功のカギは、やり抜く力」の視聴回数は900万回を超える。夫とふたりの10代の娘とともにペンシルベニア州フィラデルフィア市に在住。

神崎朗子 [かんざき・あきこ]

翻訳家。上智大学文学部英文学科卒業。おもな訳書に『スタンフォードの自分を変える教室』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『フランス人は10着しか服を持たない』『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』(以上、大和書房)などがある。
 


やり抜く力

「人が人生で成功するのに最も重要なファクターは何か?」がついに解明された! ビジネスリーダー、エリート学者、 オリンピック選手……成功者の共通点は「才能」でも「IQ」でもなく、第3の能力「グリット(やり抜く力)」だった――。これまでの能力観・教育観を180度くつがえし、世界的ベストセラーとなっている『やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』から、その驚くべき内容を紹介する。

 

「やり抜く力」

⇒バックナンバー一覧