ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

花王 尾崎元規社長インタビュー
「エコロジー経営を武器に
グローバル市場で戦う」

2010年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

昨年6月、花王はCIを変更し、月のマークの横のロゴが「花王」から「Kao」に変わった。名前だけでなく、真の意味でグローバル企業になれるか。尾崎社長に聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 前田剛)

花王 尾崎元規社長
Photo by Masato Kato

 昨年、24年ぶりにCIを変更し、社名のロゴを漢字からアルファベットにした。それでいきなり何かが変わるわけではないが、グローバルに打って出ようという意識は、社内で確実に高まってきた。

 2010年9月期で26%しかない海外売上高比率を今後10年で50%まで持っていきたい。そのためにも、国内事業でしっかりと利益を上げ、海外事業の成長に投資する循環を保つことが重要だ。

 花王にはもともと研究開発力、マーケティング力、効率的なサプライチェーンという武器がある。しかし、それだけではグローバル市場で戦えない。そこで「エコロジー経営」を新たな切り口に加えた。「いっしょにeco」をスローガンに、顧客・企業・社会が一緒になって環境負荷を低減させようというコンセプトだ。9月に中国市場で投入した、すすぎが1回ですむ「アタック瞬清」は、エコロジー経営のグローバル展開の第一歩となった。

 停滞する国内市場にも突破口はある。高齢化、健康志向、環境意識の高まりといった大きなトレンドにミートする高付加価値の商品を提供することだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧