ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

サッポロHDがビール以外の事業にも注力する理由

サッポロホールディングス社長 上條 努

週刊ダイヤモンド編集部
2016年10月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

今年、創業140周年を迎えるサッポロホールディングス。今や飲料や外食、不動産と事業は多岐にわたる。なぜ多くの事業を手掛けるのか。上條努社長に聞いた。

Photo by Kazutoshi Sumitomo

──ビールメーカーのイメージが強いですが、近年はスープや豆乳などの食品にも力を入れています。なぜですか。

 私はビールだけでなく、他の飲料や海外事業など、いろいろな事業に携わってきました。その中で、非アルコール部門の事業に魅力というのはずっと感じていて、社長になる前から早く食品をやりたいと思っていました。

 歴史的にアルコール以外の飲料事業が弱かったので、飲酒できる20歳以上をターゲットにした企業だと思われがちです。でも、アルコールにこだわる必要はない。

 日本には食品会社が極めて多い。地方に行けば、地元で愛されるブランドを持つ老舗メーカーなんかも多い。人口減の時代に入り淘汰が進むけれど、そういう地方でブランド力を持つしょうゆや豆腐のメーカーとわれわれが一緒に取り組めれば、チャンスはあると思っています。

──営業利益の約4割を稼ぐ不動産事業を持つことに対しては否定的な意見があります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧