ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

1年間の買い物総決算!上海三越「冬の大感謝祭」に
殺到する女性たちの“スーパーウルトラ消費パワー”

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第65回】 2010年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 まもなく師走を迎えようとする11月の上海で、女性たちの間をある「黄色い券」が飛び交っていた。この券をめぐって社内の空気は色めき立ち、「行く、行かない」をめぐって電話やメールが頻繁にやりとりされる。ある日系企業の職場ではこんな会話が交わされた。

 「あなた、行く?行くならこの券あげるわ」
 「もちろん、絶対行くわよ」
 「初日に行かないといいものがなくなっちゃう、私は9時に行って並ぶつもりよ」

 彼女たちが手にしているのは、花園飯店のテナントである上海三越が主催する「冬の大感謝祭」の入場券。年に一度開催され、今年で13回目を迎える(花園飯店、上海三越の正式名称はそれぞれ「オークラガーデンホテル上海」、「花園飯店(上海)三越」)。

 地下鉄「陝西南路」駅の3番出口から通じる花園飯店への道を、女性たちが足早に歩く。空気はすでに殺気立っている。案の定、12月10日の初日は早朝7時から行列ができ、10時の開場を50分も前倒しして開場となった。

 ホテル内の1000平米の会場にアパレル、靴、バッグ、アクセサリー、化粧品、食品など63社が出展、筆者が駆けつけた9時半にはすでに多数の女性たちが詰めかけ、必死の形相で物色を始めていた。

目玉は“三越オリジナル”
日本ブランドは健在

 目玉は三越オリジナルのカシミヤのセーターだ。三越がメーカーを通さず直接内モンゴルで生産しているオリジナル商品で、その高い品質は日本人のみならず、中国人消費者の間でも高い支持を得ている。

 セーターの陳列台はすでに異常なほどの熱気を醸し出していた。蟻一匹入る余地のないその人だかりに、誰もが揉まれて、踏まれて、なぎ倒されながら、何とかして食い込もうとする。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧