ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

大阪・岸和田で起きた中学校校庭の芝剥がし事件は、
野球は土の上でという“日本の常識”が生んだトラブルだ

相沢光一 [スポーツライター]
【第134回】 2010年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 当事者は大真面目だが、報道に接した側はなんとなくクスッと笑ってしまう。そんなトラブルが大阪で起きた。岸和田市の公立中学の芝を「部活の妨げになる」ということで、野球部とソフトボール部の保護者が剥がしてしまった事件である。

 報道に周辺事情を織り交ぜて、このトラブルをおさらいしておこう。

 大阪府では、子どもが屋外で遊ぶ機会を増やす効果を見込んで校庭の芝生化を推進。手を上げた学校には2004年度から補助金を出すようになった。現在では府内の小中高約160校が校庭の芝生化に取り組んでいるという。

 今回トラブルが起きた岸和田市の中学校もそのひとつで昨年度、府の補助金300万円に地元住民の寄付などをプラスした約800万円で芝生化を実施。苗の育成や芝の植えつけを在校生や地域住民が行った。

 なお、校庭の芝生化は大阪府に限らず、各地で行われるようになっている。芝生になればケガをしにくくなる、太陽の熱が芝に吸収されて温度が軽減される、土ぼこりが舞わなくなる、地域住民の憩いの場としても使えるようになるといった効果も期待できるからだ。

 とはいえ、芝がきれいに生え揃うには時間がかかる。この中学校でもデコボコの状態が続いてきたはずだ。その影響を受けるのは校庭を練習に使う部活である。とくに野球部とソフトボール部はイレギュラーバウンドが続出して練習にならなかったにちがいない。

 そこで両部の保護者は、練習で使う部分の芝生を剥がして欲しいと学校に要請。だが、補助金や寄付で行っているうえ、多くの人の協力も得ている事業であることから学校側はそれを拒否。土を入れて平らにすることで一応合意した。

 だが、それでも問題は改善されなかったのか、12月に入って両部の保護者は予告もなく重機を持ちこみ、練習で使う場所(校庭の約3分の1)の芝を剥ぎ取ってしまった。それがトラブルとして報じられたというわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧