ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

あのウィキリークスも情報源の身元隠しに利用
ネット上のあなたの行動を消し去る!?
匿名化技術「トーア」が一般人にも重宝される日

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第128回】 2011年1月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今年、大きな問題となりそうなのがインターネット上のプライバシー保護だ。コンピュータはもとより、スマートフォン、タブレットなどがユビキタスに行き渡り、ソーシャルネットワーク(SNS)の利用もますます増える。

 ユーザーがインターネット上で行うウェブブラウジング、SNSでつぶやく私的な出来事、インターネット接続されたテレビで見る番組や映画。それらすべてが、今や専門の技術によって細部に渡りトラッキングされ、分析され、ユーザーのプロファイルに刻々と加えられている。

 そのプロファイルは貴重な情報商品として売買され、ブローカーからブローカーの手に渡り、広告会社やマーケティング会社がターゲット広告を打つ際の大切なツールとなっている。その結果、ユーザーのプロファイルは本人の知らぬ間に、ありとあらゆるところに散在している状況にある。

 ユーザーがいくら自分でプライバシー情報を保護していると思っていても、プロの技には負けてしまう。ユーザーがブラウザーでクッキー無効の設定を行っても、それを覆す技術もあれば、インターネット上の「行動パターン」からユーザーの特徴を割り出す技術もある。

 自分がつぶやかなくても、知人の誰かがあなたのことをつぶやいているかもしれない。インターネット上のプライバシー保護は、以前とは比べものにならないくらい難易度の高いものになっているのだ。

 さて、そんな状況に対応するために出てきたのが、ネット上の自分の居場所をわからなくする新種のプライバシー保護技術である。特に注目されているのが、NPOによって運営されている「トーア(Tor)」という技術だ。

 トーアの技術は、一般的に匿名化ネットワークと呼ばれる。あるユーザーがコンピュータを用いてメールを送信したり、ブラウザーでウェブサイトにアクセスしたりする際に露出してしまうプライバシー情報を、送信のルートを暗号化して複雑にすることで第三者にはわからなくしてしまうものだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧