ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

爆買い終了・地方デパート不振に高島屋はどう立ち向かうか

高島屋社長 木本 茂

週刊ダイヤモンド編集部
2016年11月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国人客の“爆買いバブル”の終焉に、地方店の不振と苦戦が続く百貨店業界。高島屋の木本茂社長に生き残りの道を聞いた。

Photo by Hiroyuki Oya

──インバウンド需要の失速が指摘されています。

 われわれの上半期の免税売上高は、前年同期比6%増の152億円でした。ただ、当初は年17%の伸びを見込んでいたので、通期計画の350億円は、314億円へと下方修正しました。

 インバウンド消費は、消耗品へとシフトしています。上半期の152億円の内訳を見てみると、衣類・宝飾などの一般品は100億円で、前年同期比16%のマイナスでした。一方で、化粧品を中心とする消耗品は52億円で、業界平均の同50%の伸びを上回り、同120%増と急成長しました。

 国別では中国本土からの客が65%を占め、前年同期比で21%増えており、まだまだ中国人の消費意欲は衰えていないとみています。

──そうした中国人の集客のためにどんな工夫をしているのですか。

 中国最大手のオンライン旅行予約会社、シートリップと2月に提携し、旅行者に対する割引サービスを始めました。

次のページ>> 苦戦が続く地方百貨店
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧