ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

バンカーショットはクラブを吊って腕に“遊び”をつくろう

金谷多一郎 [プロゴルファー]
【第21回】 2008年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
アドレスで腕を少し曲げて、ヒジでクラブを吊るイメージが効果的

 バンカーが苦手で、ボールがあの大きな口に吸い込まれると、背筋に冷たいものが走るという人が多いのではないでしょうか。ゴルファーも子どもの頃は砂遊びが大好きだったのに、おとなになると大嫌いになってしまう。今回はその苦手なバンカーを克服する秘訣をレッスンしましょう。

 バンカーショットは、(1)クラブフェースの開き方(ロフトのつけ方)、(2)インパクト時のヘッドスピード、(3)砂の取り方、という3つの要素がうまくミックスしないと成功しません。通常のショットとは異なるのですから、アマチュアにとって難しいのは当たり前。しかも練習する機会が圧倒的に少ないので、なかなか上達せず、いつまでたっても同じミスを繰り返してしまうのです。

 まずは、ボールが飛び出すメカニズムを正しく理解しましょう。バンカーショットはボールを直接打たず、砂の爆発(エクスプロージョン)によってボールを飛ばします。スウィングの最下点は、アイアンでは地上にあるボールですが、バンカーの場合はボールより低いポジション、つまり、砂の中になります。この「ボールの真下が最下点になる」という意識がとても大切です。

インパクトではクラブを振り下ろした勢いで腕が伸ばされる。それを計算して“遊び”をつくっておくことがポイントだ

 ポイントは、ヒジでクラブを吊って、腕に“遊び”をつくること。バンカーではアドレスでクラブを砂にソールするとペナルティを取られるので、ヘッドを浮かせて構えますが、そのときに「ヒジでクラブを吊り上げるように構える」ことがコツ。

 クラブを振り下ろしていくと、重力や慣性力、クラブの重さなどによって背中と腕が伸ばされます。このとき、腕に遊びをつくっておけば腕が大きく伸ばされ、インパクトでクラブヘッドがボールの真下に到達するというわけです。ダウンブローに打ち込む必要はありません。普通にスウィングすれば、腕に遊びがあるぶんだけ腕が伸ばされて、エクスプロージョンショットになるのです。

ボールの真下にクラブヘッドがくるように、アドレスで腕を曲げて、クラブヘッドを浮かせておく
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

金谷多一郎 [プロゴルファー]

1960年1月2日生まれ、東京都出身。84年プロ入り。卓越した理論とわかりやすい指導法が人気のカリスマコーチ。数々のメディアで活躍中。


金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

多忙なビジネスマンがゴルフに費やすことができる時間はそれほど多くないと思います。そこで、合理的に「楽しく」上達できる方法をレッスンします。

「金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習」

⇒バックナンバー一覧