ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法・ゼロイチ
【第23回】 2016年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
林要 [GROOVE X代表取締役]

茂木健一郎×林要 特別対談(上)
これから活躍するのは
「おっちょこちょい」である理由

1
nextpage

自身のランニング体験について綴った『走り方で脳が変わる!』を出版した茂木健一郎さんと、感情認識ロボットPepperの元開発リーダーで、現在はGROOVE Xという会社を立ち上げて新たなロボットを作っている林要さんの対談が実現。第1回は林さんの著書『ゼロイチ』をもとに、日本企業でイノベーションを起こすにはどうすればいいのか、を探る。(構成:崎谷実穂、写真:榊智朗)

ステルスで開発して、いきなり実物を披露する時代

茂木健一郎さん(以下、茂木)『ゼロイチ』、おもしろく読ませていただきました。この本は、組織内でイノベーションをどう起こすかということに軸をおいていますね。

林要さん(以下、林) はい。私自身が、トヨタやソフトバンクで働いていたときに、大企業の中でイノベーションを起こすのは組織構造的にむずかしいと痛感していました。だけど、なんとか実現したいと試行錯誤する中で、その困難を突破するにはどうすればいいか、も見えてきた。ひとりのサラリーマンが、組織内でイノベーティブな仕事を実現するうえでのコツをまとめたのが『ゼロイチ』です。ゼロからイチをつくり出すのは起業家が多いと思いますが、この本は組織人に向けて書いています。

茂木 なるほど。イノベーションをテーマにした本はたくさんありますが、読者の属性としては、起業家よりも会社員の方が多いでしょうから、読者の皆さんにとって「ため」になる内容が多いと思いました。僕は大阪大学大学院工学研究科で長らく授業を担当していて、そうしたところの学生はいまだに大企業志向が強いんですよね。慎重で堅実なタイプが多い。そんな彼らに読んでほしいと思う内容でした。

 ところで、自分で会社を立ち上げる人って、慎重で堅実というよりも、もう少しおっちょこちょいじゃないですか(笑)?

 まさに!私も『ゼロイチ』に「『おっちょこちょい』は美徳である」という章を設けたくらい、おっちょこちょいは大事な要素だと思っているんです。

茂木 林さんはおっちょこちょいですか?

 この流れで言うと自画自賛みたいですけど、おっちょこちょいですね(笑)。「こうあるべきだ」と思ったら、深く考えずにぱっとやってしまう。だから、大小無数の失敗をして、慎重で堅実な人々に助けられたリ、怒られたりしてきました。でも、結果的にたくさんの失敗経験を積んで、普通のサラリーマンよりもたくさんの学びを得られたという実感があります。

茂木 わかるなぁ。全力でやってみて失敗するって、学びが多いんですよね。ところが、有名大学の大学院に進学するようなエリートは、おっちょこちょいタイプがほとんどいない。もっとみんなおっちょこちょいでいいと思うんだけどな(笑)。

 ところで、『ゼロイチ』には、Pepper開発時のお話も出てきますが、Pepperについて僕が印象的だったのは、記者会見でいきなり実物が壇上に現れたこと。それまで、ソフトバンクがロボット事業をやっているなんて、発表されていなかったですよね?

 じつは、前日の夜に日経新聞にすっぱ抜かれてしまって、プロジェクトメンバーで「うわー、やられた!」って言い合っていたんです(笑)。でも、それまではステルスでプロジェクトを進めていました。

茂木 それはすごくよかったと思います。スティーブ・ジョブズがマッキントッシュやiPhoneを開発していた時も、ずっとステルスでやっていて、出荷直前で発表した。すごいインパクトだったですよね。このやり方を、日本企業ももっと学ぶべきだと思うんですよね。例えば、アメリカの青年が自動運転を実現した動画をいきなりアップして、話題になったでしょう?

 ああ、iPhoneのSIMロック解除や、プレイステーション3のハッキングなどをやってのけた、有名なハッカーですよね。

Meet the 26-Year-Old Hacker Who Built a Self-Driving Car... in His Garage
https://youtu.be/KTrgRYa2wbI

茂木 今彼は会社を立ち上げて、自動運転車を開発してるそうだけど、今はもう「実現して、デモを見せる」ところから始める時代なんだと思います。「これから自動運転の開発に挑みます」みたいなCMを打つよりも効果的なんじゃないかな。

 う~ん、どうでしょう。ステルスは自信があるからこそ、できることですよね。これができたら、たしかにインパクトは強いですよね。だから、私が設立した「GROOVE X」ではゼロイチのロボットをつくっていますが、発売直前まで極秘で進めたいと思っています。

茂木 おお、それは楽しみですね。

 はい。ご期待ください。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


林要(はやし・かなめ) [GROOVE X代表取締役]

林 要(はやし・かなめ) 1973 年愛知県生まれ。東京都立科学技術大学(現・首都大学東京)に進学し、航空部で「ものづくり」と「空を飛ぶこと」に魅せられる。当時、躍進めざましいソフトバンクの採用試験を受けるも不採用。 東京都立科学技術大学大学院修士課程修了後トヨタに入社し、同社初のスーパーカー「レクサスLFA」の開発プロジェクトを経て、トヨタF1 の開発スタッフに抜擢され渡欧。「ゼロイチ」のアイデアでチームの入賞に貢献する。帰国後、トヨタ本社で量販車開発のマネジメントを担当した際に、社内の多様な部門間の調整をしながら、プロジェクトを前に進めるリーダーシップの重要性を痛感。そのころスタートした孫正義氏の後継者育成機関である「ソフトバンクアカデミア」に参加し、孫氏自身からリーダーシップをたたき込まれる。 その後、孫氏の「人と心を通わせる人型ロボットを普及させる」という強い信念に共感。2012 年、人型ロボットの市販化というゼロイチに挑戦すべくソフトバンクに入社、開発リーダーとして活躍。開発したPepper は、2015 年6 月に一般発売されると毎月1000 台が即完売する人気を博し、ロボットブームの発端となった。 同年9 月、独立のためにソフトバンクを退社。同年11 月にロボット・ベンチャー「GROOVE X」を設立。新世代の家庭向けロボットを実現するため、新たなゼロイチへの挑戦を開始した。


トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法・ゼロイチ

「0」から 「1」を生み出す力を日本企業は失っているのではないか? そんな指摘が盛んにされています。一方、多くのビジネスパーソンが、「ゼロイチを実現したい が、どうしたらいいのか?」と悩んでいらっしゃいます。そこで、トヨタで数々のゼロイチにかかわった後、孫正義氏から誘われて「Pepper」の開発リー ダーを務めた林要さんに、『ゼロイチ』という書籍をまとめていただきました。その一部をご紹介しながら、「会社のなかで“新しいコト”を実現するために意 識すべきエッセンス」を考えてまいります。

「トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法・ゼロイチ」

⇒バックナンバー一覧