ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
from dot.

ネット騒然、平野レミ考案「ブロッコリーステーキ」を実際に作ってみた!

dot.
2016年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 NHKのご長寿料理番組「きょうの料理」のスペシャル版「生放送 月刊きょうの料理スペシャル」が11月3日に放送され、ネットを中心に大きな話題になっている。ツイッターでは、「#今日の料理」がトレンド入りしており、生放送ならではのアクシデントや出演者らの掛け合いに、ツイッターは大いに盛り上がったようだ。

 しかし、今回の放送でもっとも注目度が高かったのは、なんといっても料理家・平野レミの料理だろう。これまでも、NHK「あさイチ」でブロッコリーを丸ごと使い、それを皿の上に立てておくという豪快な料理を披露するなど、独自のレシピで存在感を示してきた。先のブロッコリー料理では、完成して間もなく立てたブロッコリーが倒れてしまうアクシデントもあって、ネットでは、この料理について200万ツイートされるなど大反響を巻き起こしていた。

ネットを騒がす、平野レミ考案の「ブロッコリーステーキ」を作ってみました…。

 そんなレミが今回、ブロッコリー料理でリベンジを果たした。「ブロッコリーステーキ」という新レシピで、今回は豪快ながら“倒れないブロッコリー料理”を紹介した。

 レシピを簡単に紹介すると、真っ二つに切ったブロッコリーをゆでて、それをバター焼きにして焦げ目をつけ、にんにくやチーズ、オリーブオイルなどで作ったソースをそえる、というものだ。丸ごとではないものの、ブロッコリーはふたつに切っただけなのでかなり存在感がある。簡単そうに見えるが、味の方はどうなのだろうか。実際に、この料理を作ってみた。

 まず、ブロッコリーをふたつに切って、塩ゆでする。問題はゆで加減なのだが、番組では「こちらがゆでたものになります」と、ゆであがったものが登場していたので、加減がわからない。生番組の最中にはレミ宛てに「ブロッコリーのゆで時間はどれくらいですか?」と視聴者から質問があったのだが、これにレミは「これくらい!」とブロッコリーを押して柔らかさを示していただけだったので、正確な時間がわからないのだ。

次のページ>> 肝心の味の方は…
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


from dot.

『週刊朝日』や『AERA』を発行する朝日新聞出版のwebサイト「dot.」とのコラボレーション連載。

「from dot.」

⇒バックナンバー一覧