ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

W杯最終予選、日本だけじゃない意外な有力国の苦戦

相沢光一 [スポーツライター]
【第422回】 2016年11月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本にとって絶対に負けられない
サウジアラビア戦

 サッカー日本代表がW杯に出場できるかどうかを左右する大一番が迫ってきた。15日に埼玉スタジアムで行われるサウジアラビア戦だ。

 日本が入ったグループBの現在の順位は以下の通り(左から順位、国名とFIFAランク、勝点、得失点差)。

1 サウジアラビア(54)  10  +5
2 オーストラリア(40)  8  +3
3 日本(51)       7  +2
4 UAE(70)      6  -1
5 イラク(113)      3   0
6 タイ(146)       0  -9

日本代表は今夜、埼玉スタジアムでサウジ戦の大一番!

 この順位表を見ても分かるように、日本はこの試合に勝って勝点3を積み上げ、10にしてサウジアラビアと並んでおきたいところだ。同日にはオーストラリアがアウェーでタイと対戦する。実力的に見てオーストラリアの勝利が濃厚で勝点11。日本が勝っても3位か2位のまま(得失点差による)なのだ。

 もし、負けてしまうとどうなるか。同日に行われるUAE-イラク戦でUAEが勝てば勝点9。サウジアラビア=13、オーストラリア=11、UAE=9、日本=7で、4位に転落する可能性があるし、上位2ヵ国に勝点で大差をつけられるのも痛い。

 アジア最終予選は12ヵ国を6ヵ国ずつAとBのふたつのグループに分けて行われ、各グループの上位2ヵ国がW杯出場。3位の国がプレーオフを行って、その勝者が中南米カリブ海予選4位の国と大陸間プレーオフを戦い勝者がW杯出場となる。

 すんなりとW杯出場を決めるには2位圏内にいることが必須の条件であり、4位に落ちることは許されないのだ。

 もちろん、仮にこの試合に負けたとしても出場の可能性が消えるわけではない。最終予選は5ヵ国とホーム&アウェーの10試合を戦う。このサウジアラビア戦は5試合目で折り返し地点に過ぎない。負けたとしても来年行われる5試合を全勝か4勝の快進撃を見せれば、2位以内に食い込むことは可能だ。が、それは相当厳しい。UAE、イラク、サウジアラビアの中東3ヵ国との残り試合は、すべてアウェー戦なのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧