ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットで成功するための投資の心理学

「カンジョウ(感情)」が「カンジョウ(勘定)」するとき

――「心の会計簿」を確かめるクイズ

林 康史 [立正大学経済学部教授]
【第8回】 2008年1月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ダニエル・カーネマン教授がノーベル経済学賞を受賞し、脚光を浴びた行動経済学は、簡単に言えば、人は不確実性下では合理的な判断をするとは限らないという立場にたつ経済学である。いわば、心理学の視座を取り込んだ経済学と言える。

 カーネマンらのプロスペクト理論は、経済学にとって、ある意味で革新的なものだった。

 まず、次の各問いを考えてほしい。A・Bのいずれを選びたいと思うだろうか。

【問1】
A=80万円もらえる。
B=100万円もらえるが、15%の確率でもらえない。

【問2】
A=80万円を払う。
B=100万円を支払うが、15%の確率で払わなくてよい。

 これまで見てきたように、多くの人の直観による答えは、統計学に従うものではない。この問題も、損得を考えて確率で判断すると、問1はB、問2はAというのが正解だが、そう答える人は非常に少ない。これは期待値(平均値)の問題であり、Bは、問1も問2も100万円×85%=85万円で、平均85万円。

 たいていの人は、問1ではAを選び、問2ではBを選ぶ。ところが、このA・Bという組み合わせは、このゲームを何度も繰り返せば損が累積されていく。それを選んだ人は、相場格言の「損切りは早く、利は伸ばせ」の逆を行ないがちなタイプだと言える。

 少し辛い響きを持った言葉かもしれないが、市場では「鴨ネギ」派ということになる。

 ちなみに、A・Aを選んだ人は「慎重」派。いつもニコニコ現金商売というタイプ。B・Bを選んだ人は「ギャンブラー」派だろう。B・Aを選んだ人は、「相場がうまい、金儲けがうまい」タイプである。

従来の経済学への疑問

 この問題で性格までわかってしまうのだが、こうした一連の実験から得られた知見に対してノーベル経済学賞が授与されたのはなぜだろうか。

 従来の伝統的な経済学(新古典派以降の経済学)では、大雑把に言えば、「人は合理的」「市場は効率的」ということを前提としている。もちろん、ここでいう「合理的」は日常語としての意味ではない。経済学でいう「合理的」人間であって、一貫して自分の効用を満たす人のことを指す。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

林 康史 [立正大学経済学部教授]

大阪大学法学部卒。東京大学法学修士。メーカー・生命保険・証券投資信託・銀行で、海外営業・外国為替ディーラー・ストラテジストなどを経験した後、2005年4月から現職。投資の心理に関する著訳書多数。最新刊に、『決定版 株価・為替が読めるチャート分析』(日経ビジネス人文庫)、『バリュー投資』(日経BP社)。立正大学経済学部では、「投資入門(テクニカル分析とシステム入門)」をテーマとする公開講座を開催します(4/14、4/21、4/28。受講料は無料)。講師は林康史氏。問い合わせ先:立正大学経済学部 TEL: 03-3492-7529 E-mailメール: eco@ris.ac.jp


マーケットで成功するための投資の心理学

長年金融の実務に携わってきた著者が、相場における成功や失敗の原因を、人間の心の働きと経済の関係を研究する行動経済学の立場から解き明かす。

「マーケットで成功するための投資の心理学」

⇒バックナンバー一覧