ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

富士通社長 山本正已
社会インフラに密着するクラウドに無限のチャンス

2011年1月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Toshiaki Usami

──高速通信ネットワークや技術革新によって、ITベンダーのビジネスモデルが大きく変わってきている。クラウドサービスなど成長分野で、富士通の強みをどう発揮するのか。

 水道の蛇口をひねれば水が出るように、あらゆる社会インフラにクラウドが入ることが現実味を帯びている。病院や医師不足が指摘される医療の世界、エネルギーを含めた環境問題、農業などの後継者不足の原因でもある少子高齢化の三つが、ICT(情報通信技術)を活用できる可能性が大きい分野。日本が抱える社会問題をいかに解決できるかがポイントだ。

 一例を挙げれば、農家やJAを支援するための農業クラウドを仕掛けている。クラウドで栽培管理や経理ができるシステムで、新潟県では実証実験なども進めており、農業の構造化にメドがついた。

 富士通の強みは、本当に安心して使ってもらえるクラウド環境を提供できること。半導体からパソコン、ネットワーク、サーバまで自社で垂直統合の技術を揃え、米マイクロソフトやオラクルなど業界のトップ企業と提携して、より強固なサービスを提供できる唯一のITベンダーだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧