ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
自分の時間を取り戻そう
【第4回】 2016年12月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
ちきりん

『自分の時間を取り戻そう』無料公開!
事例3・働きづめのフリーランス

多忙な人の生活をリアルに感じながら「自分の時間を取り戻す」方法を考えるシリーズ、3人目の主役はフリーで働く陽子です。ブラック企業から逃げ出し、ようやく独り立ちできたと思ったらその生活は再び……
陽子の問題点はなになのか?どうすればこの生活から逃れられるのか?ぜひ彼女へのアドバイスを考えてみてください。

休めない女 陽子

 陽子が大学3年生の秋、リーマンショックが起こり、直後から日本は未曾有の不景気に襲われた。ひとつ上の先輩の中には突然の「内定切り」に遭う人が何人も現れ、その後に始まった陽子の就職活動も想像を絶する厳しさとなった。

 採用予定数も会社説明会も大幅に縮小され、応募しようにもエントリーさえさせてもらえない。陽子は卒業間近まで1年近くリクルートスーツを着続けたが、それでも得られたのは、IT関連の下請け企業における契約社員という仕事だけだった。

 しかもそこでは、驚くほど過酷な労働が待ちうけていた。「こんなご時世に雇ってもらえるだけでありがたいと思え」とばかりにこき使われ、連日終電近くまで働いた。新聞やテレビでは、突然に解雇され住むところを失った非正規ワーカーたちの悲惨な様子が毎日のように報道されている。

 陽子は心の底から恐ろしかった。「この仕事を失ったら私の人生は終わってしまう」――そんな悲壮な思いと共に、ただ黙々と働き続けた。

 それから5年。最初は右も左もわからなかった陽子だが、先輩社員が次々と退職するなか、がむしゃらに働くことで、それなりのスキルが身についた。しかし相変わらず会社の経営は厳しい。おそらくこのまま勤めていても正社員にはなれないだろう。非正規のままでは給与も上がらないし休暇もとれない。それどころかいつ契約解除になってもおかしくない。陽子は転職を考え始めた。

 最初に向かったのは転職エージェントだ。景気も少しは回復していたし、陽子が身につけたIT関連のスキルは需要も高い。話を聞く限り転職は可能そうだった。

 けれど面接に行ってみると、いつも「この会社に入っても、結局は今までと同じ目に遭うだけだ」と思えた。どの職場でも長時間労働が常態化していたし、働いている人から「仕事が楽しくて充実している!」という雰囲気はみじんも感じられない。しばし実家で体と心を安めながら、陽子は決心した。「思い切ってフリーランスでやってみよう」

 ちょうどその頃、フリーランスワーカーと仕事の発注者をネット上でマッチングするクラウドワーキングという働き方が注目されていた。甘い世界ではなさそうだが、陽子はダメ元でいくつかのサイトに登録をしてみた。

 しかし、登録しただけではなにも起こらない。仕方なく、学生バイトでもやらないような単価の低い仕事を受けてみた。なんの実績もない間は、よいレビューを獲得するのがなにより大事だからだ。しかしそんな仕事をいくら受けても収入はしれている。最初の半年間の収入は月に2万円から5万円。実家暮らしでなければとても食べていけなかった。

 とはいえ半年、そして1年とマジメに仕事を続けていると、固定客も少しずつ増え、月の収入もようやく10万円台に乗った。一度うまく回り始めるとレビューが増え、それを見て新たな客から依頼が届く。こうして2年目が終わる頃には、ほぼ前職と同じくらいの手取りを稼げるようになっていた。


 しかしほっとすると同時に陽子は、「なにかがおかしい」とも感じ始めていた。というのも、彼女はふたたび仕事に追いまくられていたからだ。いや、通勤時間がなくなった分、仕事時間はむしろ増えている。真夜中まで仕事をするのは当たり前で、時には窓の外が明るくなるまで働いているし、自宅で仕事をするため曜日の感覚も薄まり、土日も完全には休めていない。会社員と違ってお盆やゴールデンウィークの休みもない。

 理由は無茶な条件であっても、なかなか仕事が断れないことだ。そんなことをして注文が来なくなったら、年収も仕事も激減してしまうと不安でならない。

 しかも手がけているのはどれも同じような仕事ばかりで、なんの成長感も得られない。こんなことではそのうち時代遅れになってしまう。

 陽子は思った。これでは前職となにも変わらない。労働時間は異常に長く、休みもとれない。不安やプレッシャーのせいか、最近はよく眠れず、突発的にすべてを放り出したいという衝動にも駆られる。

 パソコンから目を離し、部屋の中をぐるりと見渡してみた。中学時代からずっと使っているベッドの上には、脱ぎ捨てた洋服と仕事の資料が散乱している。その光景は、あの「とんでもない会社で働き、家にはただ寝るためだけに帰って来ていたあの頃」とまったく同じだ。

 あと何十年も働かなければならないのに、こんな生活を続けていくなんてありえない。「なにかを変えなくちゃ」――30代を目前にして、陽子は真剣に考え始めた。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
小さな習慣

小さな習慣

スティーヴン・ガイズ 著/田口未和 訳

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動。この方法を使えば、すべてのことは、習慣化し、目標を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。何しろ「小さ過ぎて失敗しようがない」のですから。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



ちきりん

関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念。 2005年開設の社会派ブログ「Chikirinの日記」は、日本有数のアクセスと読者数を誇る。 シリーズ累計23万部のベストセラー『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)、『「自分メディア」はこう作る! 』(文藝春秋)など著書多数。

 


自分の時間を取り戻そう

多忙で余裕のない4人の物語からわかる「忙しさの本質」とは?  そして今、世界中で進みつつある「大きな変化」とは?
2つの視点から明らかになる1つの重要な概念と方法論を解説し、大きな話題となっている『自分の時間を取り戻そう』。
本連載はその魅力を紹介するものです。
 

「自分の時間を取り戻そう」

⇒バックナンバー一覧