ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
商品市場透視眼鏡

世界景気拡大インフレ期待で
原油、金以外の商品相場上昇

芥田知至 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部主任研究員]
2016年12月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 原油と金以外の国際商品市況が上昇傾向にある。原油は、11月30日のOPEC(石油輸出国機構)総会という重要イベントを控えていたことや、供給過剰状態が解消するめどが立たないことなどを背景に、上値が重い展開が続いている。

 米国の金利動向に敏感な金相場も下落している。景気見通しの上方修正などから米金利が上昇したためドル高が進んでおり、金価格の頭を押さえている。

 しかし、他の国際商品を見ると、上昇している品目が目に付く。石炭は、4月に中国政府が炭鉱の稼働日数を減らす方針を示したことを受けて、需給が引き締まった。発電用が主用途の一般炭の相場は、11月初めには、年初の安値に比べて2・5倍以上になり、国際商品のブームが続いていた2012年の相場水準に近づいた。

 鉄鉱石も中国需要の増加観測を背景に、年初に比べて2倍以上に上昇している。中国では政府が景気下支えのための公共投資を打ち出し、不動産投資が堅調なこともあり、鉄鋼生産が高水準である。

 製鉄で原材料となる原料炭については、中国における供給削減と需要増加の双方の動きの恩恵を受け、相場は年初の安値の4倍近くにまで高騰している。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


商品市場透視眼鏡

農産物・鉱物などの商品投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、商品市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「商品市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧