ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

ニッポンの産業空洞化はもう不可避?
海外比率70%超のソニーが耐えられる円高の限界

高田直芳 [公認会計士]
【第51回】 2011年2月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 1995年4月に1ドル=79円75銭まで円高が進んだとき、ソニーやホンダは本社を海外に移すのではないか、というジョークが一時期、流行したことがあった。95年当時はその後、円安に戻ったので、この話はジョークとして終わってしまった。

 ところが、ここへきて再び急速な円高である。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が日本国債を格下げしたことで、ひょいと円安へブレたが、平均的な為替相場を考慮すれば、いまだにキツイ円高状態だといえるだろう。ソニーやホンダだけでなく、多くの企業にとっても、「ジョーク」を真剣に検討しなければならない時期に差し掛かっているといえるかもしれない。

 今年の初め、百戦錬磨の機関投資家の方々と筆者とで会食した折、円高ドル安を一気に解決する策を議論したことがあった。その1つに、ニッポンがアメリカ合衆国に対して宣戦布告を行ない、その直後、白旗を揚げて51番目の州に組み入れてもらうのはどうだろうか、という案が提起された。

 「憲法9条で『国の交戦権』が否定されているからダメだよ」と反論するのは優等生の回答だ。

 こういう場合、アメリカのほうから敗北宣言をしてきたらどうするんだ? 一気に50もの都道府県が増えては、暗記できないぞ。高校野球のセンバツ出場校を選ぶのが大変だろう、と心配顔をするのが、正しいジョークの対処法なのだそうだ。

ユーロ建にも対応できる
経営指標「為替レート限界率」

 冗談はさておき、これから迎える11年3月期決算に向けて、新興国需要に支えられて業績を上方修正すべきなのか、それとも円高の影響を折り込んで下方修正とすべきなのか、頭を抱えている企業が多いことだろう。ただし、少なくとも為替相場の影響について参考資料となるのが、第49回コラム(電機業界編)で紹介した「為替レート限界点」だ。

 そのときに利用した図表に、今回はソニー、富士通、NECを加えたものを〔図表 1〕に示す。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧