ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

アベノミクスに踊らされたハウスメーカーの苦悩(下)

消費税8%の「高金利」を貪る政府の高利貸し事業の正体

高田直芳 [公認会計士]
【第149回】 2015年1月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>アベノミクスに踊らされたハウスメーカーの苦悩(上)から続きます。

「収益ゾーン」に腰折れが
見える大和ハウス

 下戸の人が酒を飲むと、すぐに赤ら顔になる。〔図表3〕で描いた大和ハウスも、実に正直な顔を見せてくれるようだ。

 まず、11/3(2011年3月期)に、黒色の実線(実際売上高の四半期移動線)がタカダバンドを大きく上回っている。これは東日本大震災による、需要の急増だ。12/12(2012年12月期)で再び黒色の実線がタカダバンドを超えているのは、アベノミクスの影響だ。その後、消費増税前の駆け込み需要により、黒色の実線はタカダバンドに絡みつくように推移している。

 〔図表3〕で注目したいのは、12/12(2012年12月期)以降の収益ゾーンの広がりだ。14/3(2014年3月期)の「収益ゾーンの幅」は1兆8604億円にもなり、11/3(2011年3月期)の幅(7210億円)に比べて、2.6倍にも膨らんでいる。

 大和ハウスの業績を、売上高や利益や総資本を組み合わせただけで語るのは、「点と線」の分析にすぎず、同社を取り巻く経営環境を分析するには物足りない。「収益ゾーンの幅」を比較することにより、大和ハウスの周辺で吹いた「追い風の強さ」を知ることができる。これが「面の分析」である。

 〔図表3〕で気になるのは、14/3(2014年3月期)以降だ。黒色の実線(実際売上高の四半期移動線)の伸びが鈍化しているとはいえ、右肩上がりの上昇を続けている。ところが、14/3(2014年3月期)以降の収益ゾーンは明らかな右肩下がりを示しており、業績に腰折れの懸念が生じている。ここらあたりで、ハシゴを外された感がある。

消費増税に腰が折れた住友林業

 住友林業にタカダ式操業度分析を適用した結果を、〔図表4〕に示す。

 〔図表4〕を見ると、住友林業においても、アベノミクスが始まった2013年以降、収益ゾーンの拡大が認められる。黒色の実線(実際売上高の四半期移動線)は、なだらかな上昇を見せているが、橙色のレジスタンス-ラインの伸びが著しい。消費増税前の駆け込み需要が、住友林業にとってかなりの追い風になったようだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧