ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

企業に蔓延する「パワハラ過敏症」の実態!
仲間意識が崩壊した上司と部下の“憂鬱な関係”

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]
2011年2月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

昨年12月、自治労は組合員を対象としたアンケート調査で、「過去3年間でパワハラを受けたことがある」と回答した人が21.9%に上ったと発表した。実に会社員の5人に1人が、上司や先輩からパワハラを受けているという計算になる。それが本当なら、事態は想像以上に深刻だ。しかし企業の社員を取材すると、深刻なパワハラが増える一方で、「パワハラ過敏症」とも言える雰囲気が蔓延している実態が見えてきた。そこには、日本の職場の構造変化が深く関わっている。(取材・文/プレスラボ・梅田カズヒコ)

苦労して就職先を見つけた“彼女”が
会社を辞める「耐え切れない理由」

 去年の夏、私の知人の女性は就職難のなか、苦労して就職先を見つけた。彼女は、「前から憧れていた業種だったし、勤務地は六本木だし、上司は良い人だし……」と満足げに語った。

 真面目な性格なので、しばらく安定して仕事を続けるだろうと思っていた。しかし、先月久しぶりに会ったところ、「会社に離職届けを出すことにした」という。

 意外に思った私が理由を尋ねると、どうやら社内でパワハラ(パワー・ハラスメント)が横行しているのが理由らしい。彼女の職場で起きているパワハラの状況は、以下の通りである。

・営業職の社員に対して、上司から日常的に怒号が飛んでいる。

・売り上げのノルマを達成できなかった社員に対して、売り上げを補填するために、上司が社員に実費で商品を購入するよう圧力をかける。ひどい場合は、家族や親戚にも商品を購入させるよう、圧力をかける。

・能力給で、成績が悪い人は月収10万円程度で働かされているケースもある。

・会社側が社員の能力を上回る無理なノルマを課すため、ノルマを恐れた社員が大口の取引き先から架空の注文を入れることもあり、社外にも迷惑をかけている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]

ロスジェネ世代(1981年生)の編集・ライター。フリーライター、編集プロダクション勤務を経て2008年より株式会社プレスラボを起ち上げる。著書に『エレベスト』(戎光祥出版)。web上のニュースサイト「下北沢経済新聞」編集長。「GetNavi」(学研)誌上で『コンビニ研究室』連載中。他に「日経トレンディネット」「COBS ONLINE」「R25」「サイゾー」など主にネット媒体で執筆中。起業したのは旺盛な独立心と言うよりも、むしろサラリーマンの職場における煩わしい人間関係から逃げるため。
ツイッター:@umeda_kazuhiko


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧