ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

知人宅で酔った彼女がレイプ被害、怒りの彼氏がとった苦渋の行動(上)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第44回】 2016年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
彼女には事件を警察に届けられない深い事情がありました(写真はイメージです)

 今週来週あたりは忘年会のピーク。駅のベンチやネオン街の路地裏、そして居酒屋のトイレ…酔いつぶれた女性たちが視界に飛び込んでくるのが年末の風物詩ですね。「酩酊状態の子はあの後、どうなったのだろうか?」と心配せずにはいられません。

 近頃、千葉大学の医学部生および研修医の男性が起こした集団強姦事件が話題になりました。報道によると飲み会で女性に無理やりお酒を飲ませ、何の抵抗もできない女性に対して加害男性たちは集団で姦淫行為に及んだようですが、思い返せば9月にも慶応義塾大学でも同様の事件が起こっており、今まで表に出てこなかったのは不思議です。

 この手の事件が報道されると必ずといっていいほど「そんなの自己責任でしょ!」と被害者を非難する声が挙がります。そういう方たちは、もし被害者が自分の彼女だったらと考えたことはあるのでしょうか?

知人宅へ誕生会に行った彼女
飲み過ぎた彼女に知人が…

 今回、紹介する本山俊さん(29歳。仮名)もそんな被害者の1人で、彼女が知人(男)にお酒を飲まされ、酩酊状態に陥り、力ずくで非合意の性交渉を強要され、身体的にも精神的にもボロボロにされてしまいました。

 性犯罪は被害者がセカンドレイプを恐れて泣き寝入りするケースが圧倒的に多いため、本人の生の声は非常に貴重です。今回は私のところの相談実例から、やむを得ない事情で警察には届けず、相手に責任を取らせたケースを取り上げたいと思います。

 「先生、酷すぎませんか?ワインをしこたま飲ませてから、無理やり犯すなんて言語道断ですよ!!だいたい彼女に僕という存在がいることを知っているはずなのに…」

 そんなふうに胃腸がキリキリ痛むのを我慢して、ありったけの声を張り上げるのは今回の相談者、俊さん。俊さんには付き合っている彼女(交際2年目)がおり、将来、結婚することを約束した仲。2人はまだ若く、仕事も安定していないので経済的な理由で結婚式を挙げていないそう。籍を入れていないものの、互いの両親も公認しており、ほとんど夫婦同然の間柄だったそうです。

 事件が起きたのは先月。俊さんと彼女の共通の友人から「知人の誕生会」に誘われたのですが、俊さんは予定が合わず、彼女が1人で知人の家へ行くことになりました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧