ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チェーンストアエイジThe Interview

相鉄ローゼン代表取締役社長 伊藤英男 
ナイトマーケットの掘り起こしに成功
相鉄線沿線の駅周辺や“駅ナカ”への出店を進める

チェーンストアエイジ
【第31回】 2011年2月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2009年4月、相鉄ホールディングス(当時の社名は相模鉄道、以下相鉄HD、神奈川県/鳥居眞社長)の完全子会社となった相鉄ローゼン(神奈川県)。現在同社は、相鉄グループ全体の経営資源を最大限に活用しながら、構造改革を断行し、経営健全化を進めている。昨年5月に相鉄ローゼンの新社長に就任した伊藤英男 氏に、改革の進捗と新たな成長戦略について聞いた。聞き手/千田直哉(チェーンストアエイジ)

相鉄グループのリソースを
最大限活用し、経営改革急ぐ

──10年5月、親会社である相鉄HDの専務執行役員から、社長として相鉄ローゼンに着任しました。09年4月に相鉄HDの完全子会社となった相鉄ローゼンを、相鉄グループ全体の戦略上どのように位置づけ、成長戦略を描いていますか?

相鉄ローゼン代表取締役社長  伊藤英男
いとう・ひでお 1947年生まれ。70年青山学院大学法学部卒。同年、相模鉄道入社。94年相鉄不動産取締役、99年相模鉄道取締役、2003年同社常務取締役。05年同社常務執行役員。06年同社自動車カンパニー長委嘱。07年同社専務執行役員。09年相鉄ホールディングス(相模鉄道より商号変更)取締役、同年同社専務執行役員、自動車カンパニー長委嘱。10年5月、相鉄ローゼン代表取締役社長・ 社長執行役員(現職)

伊藤 当社は09年に上場廃止になるまで、22年間にわたって株式上場企業として、独立独歩の運営方針を貫いてきました。順風満帆だった時代はそれでよかったのですが、今やスーパーマーケット(SM)業界の競争は激化し、当社を取り巻く環境は厳しさを増すばかりです。

 一方、相鉄グループ全体から見ると、流通事業の中核企業である当社は、グループ総売上高の約3割を占めるグループ最大の企業です。ところが利益面では、グループ連結決算になかなか寄与できていません。当社の営業利益率や経常利益率を0.1%でも改善できれば、相鉄グループ全体の収益性を大きく改善できます。

 したがって、100%子会社化することで、ヒト・モノ・カネといったグループのリソースを最大限に活用し、当社の経営健全化を実現する。そして当社を中核企業とする流通事業が相鉄グループ連結決算に、利益面でしっかり貢献できる基盤をつくり上げたい。

 そのための第1ステップが、相鉄HDによる完全子会社化であり、丸紅(東京都/朝田照男社長)さんと相鉄HD、相鉄ローゼンの3社業務提携の締結だったのです。丸紅さんからは、SM経営のプロを派遣してもらい、経営改革を断行し、着実に成果を出しながら現在に至っています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チェーンストアエイジ

『チェーンストアエイジ』誌は、創刊40年を迎える隔週発行の流通ビジネスマン必携・必須の情報誌です。マーケティング&イノベーションにつながるビジネスヒントを満載。徹底的に現場を取材し、データにこだわることで流通業界内外において、キラリと異彩を放っています。GMS(総合スーパー)、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター、専門店チェーン、インターネットリテーラーほか、卸売業、製造業など最新・最重要なニュースとデータをご提供します。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


チェーンストアエイジThe Interview

『チェーンストアエイジ』誌の編集長が、折々、流通業界でもっとも注目されているトップに猛烈接近して、読者の聞きたいタイムリーな回答を引き出します。

「チェーンストアエイジThe Interview」

⇒バックナンバー一覧