ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
三流の維新 一流の江戸
【第13回】 2017年1月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田 伊織

「尊皇攘夷」は
薩長テロリストの
キャッチフレーズにすぎない

previous page
2
nextpage

対外膨張と天皇の政治利用

 明治から昭和に至るまでの対外膨張主義も、天皇の政治利用なくしてあり得なかったのである。

 一方、徳川将軍家は勿論、旗本・御家人といった幕臣たちや諸大名は、ほとんどが「尊皇佐幕派」といっていいだろう。
 当時の読書人階級=武家にとっては、当然の教養、知識であって、彼らが身につけていた学問的素養に照らして「尊皇」という倫理観にも似た気分と「佐幕」という政治的立場は全く矛盾していなかったのである。具体的な人物でいえば、以下の幕末動乱期の主要な登場人物は、すべて「尊皇佐幕派」と位置づけられる人びとである。

・時の天皇 孝明天皇
・十四代将軍 徳川家茂(いえもち)
・十五代将軍 徳川慶喜(よしのぶ)
・京都守護職 松平容保(かたもり)
(会津藩主)
・大老 井伊直弼(なおすけ)
(彦根藩主)
・京都所司代 松平定敬(さだあき)
(桑名藩主)
・薩摩藩藩父 島津久光
・土佐藩主 山内容堂(ようどう、 豊信<とよしげ>)

 その他、藩でいえば奥羽越(おううえつ)列藩同盟を構成した諸藩や、新撰組局長近藤勇、思想家であり兵学者でもあった佐久間象山(さくましょうざん)、そして、小栗上野介、木村摂津守(きむらせっつのかみ)、水野忠徳(みずのただのり)、岩瀬忠震(いわせただなり)、川路聖謨(かわじとしあきら)といった列強との通商交渉に当たった幕府高官はすべてこの範疇に入る。

 付言すれば、幕臣でありながらも勝海舟は明らかにこの範疇に入らず、どこまでも「討幕派」である。
 一般には、意外な人が、と思われる列挙かも知れないが、以上はほんの一部に過ぎない。

 真っ先に挙げた孝明天皇とは、長州人が口を開けば「尊皇攘夷」を喚いていた、まさにその時の「尊皇」に当たる人であるが、この天皇が、討幕を、また天皇親政を考えたことは微塵もない。

 政治は幕府に委任しているし、そうあるべきものというのが、この天皇の一貫した考え方であった。

 その意味で、「尊皇佐幕派」の筆頭に位置づけるべきであろう。
 そうなると、この天皇がおわす限り薩摩長州の武力討幕は、不可能である。
 討幕という目的の最大の障壁が、実は孝明天皇その人であったのだ。

previous page
2
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR



三流の維新 一流の江戸

ベストセラー『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』『大西郷という虚像』の異色作家が放つ新境地!文明を動かす3要因は「人口」「資源」「技術」だが、最も強い影響力があるのが人口!「人口と経済」で読み解く江戸250年~明治維新の誰も教えてくれなかった真実!いま、なぜ世界は江戸に向かうのか?人類史に例を見ない250年にも及ぶ長期平和を維持した江戸。その裏には「江戸システム」という持続可能な資源循環システムが息づいていた。一元主義的な西欧資本主義が破綻しつつあるいま、世界が江戸の多様性に注目。「2020年東京オリンピック以降のグランドデザインは江戸にある」と断言する著者が、一本の長い時間軸を引いて史実を忠実に検証。明治維新政府に全否定され、土深く埋まったままの江戸を掘りおこし、引き継ぐべきDNAを時代の空気と共に初解明する。

「三流の維新 一流の江戸」

⇒バックナンバー一覧