ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本川裕の社会実情データ・エッセイ

国際学力テストで日本不振、東アジア諸国が好成績の理由

本川 裕 [統計データ分析家]
【第17回】 2016年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

やや不調だった日本のテスト成績

 OECDが3年毎にOECD諸国とその他協力国・地域とで行っている15歳(日本は高校1年生)を対象とした国際学力テスト(PISA)の6回目、2015年結果がこのほど公表された。これまでと同様、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの三科目で実施されたテストには、今回、過去最多の72カ国・地域、54万人の生徒が参加した。

 言うまでもなく、教育水準の高さは産業競争力に直結するため、PISA調査結果は、各国で、教育分野そのものの関心からだけでなく、広く産業界を含めて国中の関心を集めるようになっている。

 学力テストは、OECD加盟国の生徒の平均得点が500点、約3分の2の生徒が400点から600点の間に入るように得点化されている。日本の成績の推移を見ておくと、2003~06年に三科目とも点数がかなり低下し、この低下が、2002年度から始まった「ゆとり教育」のためだったかは定かではないが、「ゆとり教育」路線から「学力向上」路線に文科省がかじを切るきっかけとなったことは確かだろう。今回、2015年は、読解力が4位から8位へ低下したものの数学的リテラシーと科学的リテラシーが両方とも順位を2位あげた。しかし、点数をみると三科目とも低下しており、喜べるような結果ではなかったといえよう。

 読解力テストの不振については、問題表示や解答が紙での筆記からコンピュータの使用に変わったため戸惑いがあった点やスマホの影響などで長文を読まなくなった点を理由としてあげる文部科学省の見解がそのまま新聞等で報じられているが、これらは日本の生徒だけのことではないので、少し怪しい説明といわざるを得ない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

本川 裕 [統計データ分析家]

統計データ分析家。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師。1951年生まれ。東京大学農学部農業経済学科卒業。同大学院単位取得済修了。(財)国民経済研究協会研究部長、常務理事を歴任。現在、アルファ社会科学(株)主席研究員。インターネット上で「社会実情データ図録」サイトを主宰。

 


本川裕の社会実情データ・エッセイ

本連載では、統計データの動きを独自に整理、グラフ化することによって、意外な社会の動きやわが国の状況を追って行きたいと考えている。もっとも堅苦しいものではなく、趣味的な個人の嗜好も含めたざっくばらんなものとしたい。体系的な思想というよりエッセイ形式で人間習俗(モラル)を観察したモラリストの伝統に連なれればと考え、連載タイトルにエッセイという用語を含めた。

 

「本川裕の社会実情データ・エッセイ」

⇒バックナンバー一覧