ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
身近な人ががんになったときに役立つ知識
【第9回】 2016年12月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
内野三菜子

がん治療はお金がかかるって
本当ですか?(1)

1
nextpage

今「がん」に関する情報があふれています。芸能人でもがんを公表する人がいるため、ある意味、よく聞く病気になりました。しかし、情報があふれているゆえに、本当に正しい情報はなんなのか……迷う人が多いのも事実です。
そこで、がん患者さんに日々接している現役の国立病院の内野三菜子医師が、がんの主治医に聞きにくいようなことや、知っておいたほうがいいことなどを解説した本『身近な人ががんになったときに役立つ知識76』を発売。この連載では、その本の中から気になるところを紹介していきます。

がんの治療費の一般的な
「イメージ」は300万円前後

 がん治療はお金がかかるって本当ですか?

 「がんになったら、どのくらいお金がかかるんだろう……」

 がんと診断されたとき、病状や治療に対する不安もさることながら、医療費がいくらかかるのかも気になることでしょう。

 実際、2012年2~3月に、国立がん研究センター中央病院(東京・築地)の相談支援センターに寄せられた相談内容には、退院後の療養の場、在宅医療などに続いて、お金に関することや仕事に関することが上位に上がっています。

 がんに限らず、大きな病気をすると、検査や手術などの医療費のほか、入院や通院にともなう交通費などで、健康なときには必要なかったお金がかかるのは確かです。

 しかし、いろいろな病気の治療の中でも特にがんの治療費が不安視されるのは、「がんの治療には多額のお金がかかる」というイメージが先行しているのではないか、という印象があります。また、がんについての「不治の病」というイメージが依然として強いために「(がんと診断されたからには)高価な治療をしないと助からない」と思い込んでいる患者さんもいるようです。

 民間の保険会社が、「がん治療全般(入院、食事、交通費等を含む)どのくらいのお金がかかると思うか」という調査をしたところ、がんの治療経験のない人は、「300万円より多い」と答えた人がいちばん多くて32.1%。ついで、「300万円程度」が21.1%で、「200万円程度」が21.0%と回答。7割以上の人が、がんの治療には200万~300万円以上かかると思っていました。

 ところが、実際にがん治療の経験のある人に実際にがん治療全般に関わる費用はいくらでしたか?という質問をしたところ「50万円程度」と答えた人がいちばん多くて36.3%。7割弱(65.8%)の人が、実際に使ったお金は100万円以内という結果になりました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界標準の子育て

世界標準の子育て

船津徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
勉強ができて、人に好かれて、心の強い子が育つ! アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた著者が送る子育てノウハウ。米国、英国、北欧、アジアなど、世界各国の子育て事情をふまえて日本人向けに体系化!0歳〜18歳まで全年齢対応、子育て本の決定版です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



東京都出身。国立国際医療研究センター国府台病院 放射線治療室長。
聖マリアンナ医科大学放射線科、埼玉医科大学国際医療センター放射線腫瘍科を経て、カナダ・トロントのプリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科にて、日本人初のクリニカルフェローとなる。並行してトロント大学オンタリオ教育研究所(大学院)医学教育学にて修士号取得。帰国後、国立国際医療研究センター病院を経て、現職。日本医学放射線学会専門医(放射線治療)、がん治療認定医。
 


身近な人ががんになったときに役立つ知識

今「がん」に関する情報があふれています。しかし、情報が多すぎ本当に正しい情報はなんなのか……と迷う人が多いのも事実です。
そこで、がん患者さんに日々接している現役の国立病院の内野三菜子医師が、がんの主治医に聞きにくいようなことや、知っておいたほうがいいことなどを解説、まとめた書籍『身近な人ががんになったときに役立つ知識76』より、その中で気になるところを紹介していきます。
 

「身近な人ががんになったときに役立つ知識」

⇒バックナンバー一覧