ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンドで読む 逆引き日本経済史

国際通貨制度にフランスが与えた影響は?
英米の支配を極端に嫌ったドゴールの国際戦略

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]
【第21回】 2011年3月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大正時代から現代まで、その時代の経済事象をつぶさに追ってきた『週刊ダイヤモンド』。創刊約100年となるバックナンバーでは、日本経済の現代史が語られているといってもいい。本コラムでは、約100年間の『週刊ダイヤモンド』を紐解きながら歴史を逆引きしていく。今回は、1960年代の国際通貨制度の調整過程でフランスが与えた影響を検証してみよう。(坪井賢一)

1967年、国際通貨の地位を降りたポンド
サッチャー政権登場まで続いた英国経済危機

 英国の通貨危機によって最後のポンド平価切下げが実施されたのが1967年11月、このときをもってポンドは国際通貨の地位を降りることになった(前回参照)。

 1960年代から70年代を通して、英国経済は低迷を続けていた。財政危機、国際収支の赤字が続き、保守党と労働党の政権交代はあっても、基本的に大きな政府をいただく福祉国家の英国はのっぴきならない長期経済危機に陥ったのである。

 この危機は周知の通り、1979年5月に首相へ就任した保守党のマーガレット・サッチャーによる新保守主義革命の登場まで続くことになる。それまでの大きな政府から小さな政府路線へ舵を切り、民営化、自由化、大胆な規制緩和で90年代の経済成長へ導いたのである。

 英国が危機にあった60年代に、第2次大戦の敗戦国日本と西ドイツは高度成長を続け、ポンドに続き、相対的に経済力が落ちた米国のドルにも危機が迫っていた。

仏シャルル・ドゴール大統領が目指した
反グローバリゼーションの波紋

 欧州のもう一方の雄、フランスの1960年代に目を向けよう。じつは、フランスも1960年代は高度成長の時代で、シャルル・ドゴール大統領(1890-1970、第5共和制大統領在任1958-1969)の反アングロサクソン(英米)外交政策によって政治的にも独自の威厳を世界へ誇示していたのである。

 フランスの一人当たり実質国民所得は、1960年から1978年へ倍増したのだそうだ(★注1)。日本や西ドイツよりはもちろん低率だが、欧州では西ドイツに続き、図抜けた高度成長である。国際収支もドゴールの大統領就任以降、1959年から黒字に転じている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


週刊ダイヤモンドで読む 逆引き日本経済史

大正時代から現代まで、その時代の経済事象をつぶさに追ってきた『週刊ダイヤモンド』。創刊約100年となるそのバックナンバーでは、日本経済の現代史が語られているといってもいい。本コラムでは、100年間の『週刊ダイヤモンド』を紐解きながら、歴史を逆引きしていく。

「週刊ダイヤモンドで読む 逆引き日本経済史」

⇒バックナンバー一覧