ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

原油高の株価への影響は限定的
強気継続も買いはやや縮小を

門司総一郎
2011年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ここまで世界の株式市場は順調に上昇を続けてきたが、足元は北アフリカ・中東情勢を嫌気して、不安定な動きとなっている。

 チュニジアで始まった反政府デモは瞬く間に北アフリカ・中東全域に拡大したが、市場への影響は限定的だった。それが、ここにきて影響し始めたのは、リビアからの石油供給に支障が生じて原油価格が高騰、これが世界景気の悪化懸念につながったためだ。

 しかし、原油高が経済に与える影響はそれほど大きくないと考えている。経済協力開発機構(OECD)発表の景気先行指標と原油価格を比べると、指数の動きに原油が追随している。「景気が原油価格に影響する」のであり、その逆ではないことがわかる。

 

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧