先駆的な働き方改革や管理職へのパイプライン形成で活躍を推進

損害保険ジャパン日本興亜

先駆的な働き方改革や管理職への
パイプライン形成で活躍を推進

著者・コラム紹介
1
nextpage

「Diversity for Growth」をスローガンに、女性活躍を推進する損害保険ジャパン日本興亜。働き方を変革する「ワークスタイルイノベーション」の推進や地域と連携した女性活躍を推進しており、女性管理職比率も着実に向上している。「女性が輝く先進企業表彰」の内閣総理大臣表彰を受賞した。

 2003年に、国内の大手金融機関として初めて「女性活躍推進専門部署」を設置した損害保険ジャパン日本興亜。同社では、ダイバーシティをグループの成長に欠かせない重要な経営戦略と位置付け、女性活躍推進に積極的に取り組んでいる。

 かなり早い時期から始動している理由として、西澤敬二社長は「女性社員が多い当社において、女性が働きやすい環境を整えることの重要性を、経営陣がいち早く認識したから」だと話す。16年3月末時点で、社員2万6,380人のうち、女性は1万4,345人で約54%に達しており、かつ地方で働く社員が多いのが特徴だ。

※正社員以外を含めた従業員数

 

損害保険ジャパン日本興亜
西澤敬二 取締役社長

 同社の女性活躍推進で特筆すべきは、かなり具体的に「働きやすさ」の実現に向けて制度を構築し、「働きがい」を高めるための機会を提供している点にある。

 例えば女性管理職比率向上のために、女性育成のための階層別研修を実施。キャリアアップ研修、プレ女性経営塾、女性経営塾など、各階層向けの女性育成プログラムを展開することで、女性管理職のパイプラインを形成している。また女性管理職の育成策として「メンター制度」を導入し、在京役員全員がメンターの役割を担っている。

 登用時期を明確にした計画的な育成が実施された結果、12年度に3.9%だった女性管理職比率は、15年度末には12.3%(240人)に向上。20年度末までに30%を目指し、さらに取り組みを加速している。

 

 

1
nextpage

[PR]

DOLトップへ
「女性が輝く先進企業表彰」とは

女性が活躍できる職場環境の整備を推進する先進的な企業を表彰する制度で、同様の取り組みが他の企業へ波及していくことを目的に、平成26年に創設された。女性の登用に関する方針、取り組みや実績、それらの情報開示に顕著な功績があった企業が表彰される。内閣総理大臣表彰と内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰があり、関係府省、都道府県、政令指定都市等から推薦された企業の中から、選考委員会の意見を聞いて被表彰企業を決定する。平成28年度に、表彰を受けたのは下記の7社。各企業の取り組みを連載で紹介する。

平成28年度
「女性が輝く先進企業表彰」受賞企業

内閣総理大臣表彰 カルビー
損害保険ジャパン日本興亜
内閣府特命担当大臣
(男女共同参画)表彰
あいの土山福祉会
大和証券
北洋銀行
明治安田生命
ユーシステム



DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧