ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
身近な人ががんになったときに役立つ知識
【第13回】 2017年1月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
内野三菜子

がん保険に入っていれば
お金の心配はないの?

1
nextpage

テレビのコマーシャルなどで「がん保険」の宣伝をよく見かけます。やはりがん保険は入っていた方がいいのでしょうか?
現役の国立病院の内野三菜子医師が、がんの主治医に聞きにくいようなことや、知っておいたほうがいいことなどを解説した本『身近な人ががんになったときに役立つ知識76』の中では、治療や病院選び、公的な保障のほかにこうした自分で加入する保険についても詳しく解説しています。
この連載では、その本の中から気になるところを、再編集して紹介していきます。

どんな病名のときに
「がん保険」が使えるの?

 がん保険に入っていればお金の心配はないの?

 「先生、悪性リンパ腫って、がんですか?がん保険はおりるんでしょうか?」
日々の診察のなかで、患者さんからこんなことを聞かれます。お金がもらえるかどうか、それは加入しているがん保険によります。

 胃がんや大腸がん、肺がんのように、病名に「がん」という言葉はつかなくても、がん(悪性新生物)に分類される病気はけっこうあります。

例えば
悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病 → 血液・リンパのがん
脳腫瘍、髄膜腫、聴神経鞘腫 → 脳のがん
悪性骨肉腫、悪性線維性組織球腫 → 骨・筋肉・軟部組織のがん

 どの病気が悪性新生物なのかは、WHOの「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(国際疾病分類/ICD)」で決められていて、民間のがん保険もICDの規定にそって、自社商品の「がん」を定義しています。

 国際疾病分類では、悪性リンパ腫も、脳腫瘍も、悪性骨肉腫も、右にあげたものはすべて悪性新生物に分類されるので、民間のがん保険に加入している人は、がんになったら給付の対象になります。

 がん保険は、民間の疾病保険のなかでも、がんの保障に特化した商品です。保障の範囲をがんだけに絞っているので、幅広い病気やケガを保障する医療保険に比べると保険料は割安です。初めてがんと診断されたときに、100万円などまとまった一時金(診断給付金)を支払われるのが特徴で、主に下図のような保障があります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


東京都出身。国立国際医療研究センター国府台病院 放射線治療室長。
聖マリアンナ医科大学放射線科、埼玉医科大学国際医療センター放射線腫瘍科を経て、カナダ・トロントのプリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科にて、日本人初のクリニカルフェローとなる。並行してトロント大学オンタリオ教育研究所(大学院)医学教育学にて修士号取得。帰国後、国立国際医療研究センター病院を経て、現職。日本医学放射線学会専門医(放射線治療)、がん治療認定医。
 


身近な人ががんになったときに役立つ知識

今「がん」に関する情報があふれています。しかし、情報が多すぎ本当に正しい情報はなんなのか……と迷う人が多いのも事実です。
そこで、がん患者さんに日々接している現役の国立病院の内野三菜子医師が、がんの主治医に聞きにくいようなことや、知っておいたほうがいいことなどを解説、まとめた書籍『身近な人ががんになったときに役立つ知識76』より、その中で気になるところを紹介していきます。
 

「身近な人ががんになったときに役立つ知識」

⇒バックナンバー一覧