six

コンパクトな高級車として人気
Audi A3がより安全により便利に

Audi A3

六角形のテーマがより強調されたシングルフレームグリルが特徴


 Audi A3(SedanおよびSportback)が改良を受けて2017年1月26日に発表された。

 Audi A4シリーズなどから最新テクノロジーを移植。アシスタンスシステムや操作性、コネクティビティなどが充実。新しいエンジンやトランスミッションも導入された。

 「走行性能や燃費効率の面でもプレミアムコンパクトカーのトップランナーにふさわしいクルマに仕上」がっていると輸入元のアウディジャパンではする。
 

全長は4325ミリと比較的コンパクト


 モデルラインナップはSedanとハッチバックとステーションワゴンの長所を合わせたSportback。

 ともに1.4TFSIエンジン(90kW/122ps)の前輪駆動がベーシックモデル。上に従来の1.8に代わり、140kW(190ps)の2.0 TFSI quattroモデルが設定された。

 さらに210kW(285ps)から213kW(290ps)にパワーアップした2リッターエンジンのS3が頂点に位置している。
 

フルデジタルの「バーチャルコックピット」がオプション設定された


 今回あらたに“sport” モデルが、前輪駆動の1.4 TFSI及び2.0 TFSI quattroに設定。17インチにサイズアップされたホイールと、15ミリ車高が下がり低重心化によるスポーティな走りを追求しているのが特徴だ。
 

S3にはホールド性がよくクオリティが高いスポーツシート装備


 標準搭載の「アウディプレセンスフロント」は、緊急時には自動ブレーキなどで事故の危険を減らすシステム。

 2017年夏以降の販売車両では「アウディアクティブレーンアシスト」「アウディサイドアシスト」「トラフィックジャムアシスト」などを組み合わせた「セーフティパッケージ」が提供される予定という。

 なかでも「トラフィックジャムアシスト」は渋滞した高速道路などで、アクセル、ブレーキ、さらにステアリングホイール操作も車両が一部代行するというもの。高級車で採用されはじめた技術だ。
 

S3のサスペンションは通常のA3より硬く、車高は25ミリ低い


 S3のエクステリアは六角形のテーマがより強調されたシングルフレームグリルが目を惹く。さらにバンパー、ヘッドランプ、リヤディフューザーなどのデザインが変更された。
 

S3の特徴は専用デザインのバンパーとルーフスポイラー、18インチホイール、デュアルエグゾーストパイプなど


  「スポーティな印象がより鮮明に」とアウディジャパンではしている。

 価格はA3 Sportbackで 1.4TFSIの293万円、同sportは329万円。2.0TFSI quattroは399万円、sportは429万円。S3 Sportbackの606万円まで。Sedanでは各モデルが18万円高となる。


six-car

ライフスタイル・マガジン「Six」が送る自動車&バイクの最新情報。

「six-car」

⇒バックナンバー一覧