ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ソニー映画事業の減損は「なぜ今」だったのか

週刊ダイヤモンド編集部
2017年2月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
次世代ディスクの標準規格争いで、東芝などの「HD‒DVD」陣営に勝利したものの、その先に待ち受けていたのは市場の急速な縮小だった Photo:REUTERS/アフロ

 映画事業(の営業権)で1121億円にも上る減損損失を計上したソニー。グループ全体の2016年度通期営業利益(昨年11月時点での見通し)の4割に相当するだけに、発表翌日は株価が急落した。だが、減損をめぐって株主や投資家の注目を最も集めたのは、金額の大きさではなく、「なぜ今なのか」という時期の問題だった。

 そもそも、ソニーにとって16年度は、構造改革を終え「再び成長に向けた歩みを始めた」(平井一夫・ソニー社長)年だったはずだ。

 にもかかわらず、構造改革によって出し切れていない“ウミ”が実はまだありましたと、今になって言いだすようでは、企業としての信頼を損ないかねない。

 減損に至った経緯について、ソニーの公式の説明はこうだ。

 毎年12月に、各事業の中期的な収益見通しを精査しており、今回は17~19年度の3年間が対象になった。その中で、映画事業の収益の柱となっているDVDやブルーレイディスクといった映像ソフトについては、市場の縮小が想定していた以上に今後加速することが、議論の過程で浮き彫りになったという。

 「悲観シナリオ」で収益見通しを作成しておいても、実際にはそのさらに下方で売り上げが推移するような、厳しい市場環境にあるわけだ。

次のページ>> 高い営業利益目標
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧