ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

2010年、過去最高の成長率を達成できたのはなぜ?
世界が注目するシンガポール・ビジネスの魅力

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]
【第62回】 2011年4月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先日、2010年におけるシンガポールのGDP成長率が前年比で+14.5%、1965年の独立以来、最高の成長率を達成したと報道がありました。

 昨年シンガポールを訪問した際、EDB(経済開発庁)担当者の話では、シンガポールでは金融、サービスだけでなく、国家戦略として石油化学など製造業への投資も積極に行っているとのことでしたが、2010年の製造業の実質GDPが29.7%増とサービス業の成長率を上回っていることからも、その発言を裏付ける結果となっています。

 2009年、同国における実質GDP(2650億シンガポールドル)の業種別内訳は下記のグラフの通りです。

 先日にシンガポールを訪問、再度、EDBの担当者にヒアリングをしたところ、2011年のGDP成長率の予測については4~6%とのことでした。

リゾート、高級不動産の開発が進むセントーサ島
中国、ロシアなどの富裕層が続々購入中

 現在もシンガポールでは、この国の成長を裏付けるようにビジネス、観光、エンターテインメント、不動産など様々な分野で開発が進行中です。ここ最近ではセントーサ島北部にオープンしたリゾート・ワールド・セントーサ、ここはファミリーをターゲットとしたシンガポール初の総合リゾート施設で、34.3万平方メートルの敷地の中に、ハードロック・ホテルや、ホテル・マイケルといった高級ホテルはもちろん、ユニバーサルスタジオ・シンガポールをはじめとする世界クラスのエンターテインメント施設、多くのレストラン、ショップが集結しています。

セントーサのコンドミニアム

 また、このセントーサ島の東部に位置するセントーサ・コーブでは、ボートデッキ付きの戸建てバンガローや、プール付ベランダを持つコンドミニアムなど高級不動産が多く売り出されており、その多くを中国やインドネシア、ロシアなどの富裕層が購入しています。戸建てバンガローで高いものは約24億円とのことでしたが、既に買い手がついているようです。

 同地区のコンドミニアムでは、390平米の部屋が約8億円で販売されていました。平米あたりの価格は200万円以上となります。他にも最大897平米のメゾネットタイプ、バルコニーにはプール付、部屋からは直接2台のプライベートパーキングに降りられるといった物件の価格は約20億円すると思われます。

 また、こちらのコンドミニアムには核シェルターが備え付けられていました。先日を襲った東北・太平洋沿岸地震による福島原発の放射能漏れが話題となっていますが、日本でも核シェルターの問い合わせが増えているとも聞きます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]


立教大学大学院 経営管理学修了。「日本をはじめ、世界の富裕層ビジネスの今を知ることが富裕層ビジネ スへの参入だけでなく、日本の多くの経営者の抱えている既存・新規ビジネスへの経営課題をも解決する」と考え、2009年4月、富裕層ビジネス研究会を立 ち上げる。研究会には、国内だけでなく東南アジア、香港、中東など海外から研究会への入会も多く、研究会からいくつもの新規事業を立ち上げている。多方面に渡るネットワークを国内外に持ち、それを活用しながら日本とアジアをつなぐビジネスプラットフォーム構築を船井総研の中で手がける。
著書:『ビリオネアビジネスの極意』(KKベストセラーズ)他。

富裕層ビジネス研究会 サイト

アジア進出.com~業種とテーマに精通する船井総研だからこそのアジア進出サポート

 


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧