ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む
【第107回】 2012年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉崎誠二 [ディー・サイン不動産研究所所長、不動産エコノミスト]

2020年に住宅・不動産業界はどうなっているのか?
――明るい展望が見える有望市場

1
nextpage

 「時代の先を読むこと――」

 これはビジネス成功の基本要素だ。しかし、あまりに先の未来を読んでも、実際のビジネスに活かすことは現実的ではない場合が多い。そういうことから、私たちは半年から1年くらい先を読むのがいいのではと考え、この連載のタイトルを決めた。

 いろいろな分野の産業がこの後、どうなっていくのかが読めると、先回りしてそれに対応できる。すると、適切に準備した企業は成長の可能性をぐっと引き寄せることができる。

 この「業界の半年先を読む」も今回(107回)が最終回となる。

 次回からは、同じ執筆陣でコンサルティングの最前線で行われている格闘とも呼べる実例を交えながら、コンサルタントの視点を重視した原稿をお届けすることを予定している。ご期待いただきたい。

 さて、最終回の今回は、私の専門領域である住宅・不動産業界が今後どうなっていくのかを考えてみる。

地価下落率は大きく減少

 3月22日に発表された公示地価。住宅地公示地価は前年比-2.3%、商業地は-3.1%となり、リーマンショックが起こった2008年から4年連続の下落だった。

 しかし、名古屋エリアが横ばいで底を脱したと言っていい状況になるなど、全国の地価算出地点のうち上昇地点が546箇所、横ばい地点が1849地点となった。前年の調査は2011年1月1日であるから、東日本大震災前になるが、その時点から大幅に地価の底を脱した地点が増えているという事実を加味すると、全体として地価はかなり好転しつつある状況が良く分かる。

次のページ>> 地価は上昇基調が続く
1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

underline

話題の記事
 

吉崎誠二 [ディー・サイン不動産研究所所長、不動産エコノミスト]


早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。立教大学博士前期課程修了。船井総合研究所上席コンサルタント・Real Estateビジネスチーム責任者を経て、現在、ディー・サイン不動産研究所所長に就任。不動産関連企業・ハウスメーカー・設備関連メーカーなどを中心にコンサルティングを行う傍ら、不動産エコノミストとしてデータ分析、一般・投資家・企業向けの講演を多数行う。著書に『2020年の住宅・不動産市場』(朝日新聞出版)『「消費マンション」を買う人 「資産マンション」を選べる人』(青春出版社)など9冊。連載はダイヤモンド・オンラインをはじめ、各種媒体に月間6本を担当。オフィシャルサイト&ブログ http://yoshizakiseiji.com/blog/

 


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧