ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
陳言の選り抜き中国情報

中国で外資とのIT合弁企業増加も「技術移転」は同床異夢

陳言 [在北京ジャーナリスト]
2017年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国のIT産業は海外企業との間で、新たな合弁企業の時代を迎えている。これらの合弁企業の多くには、「持ち株比率が中国側51%、外資側49%」という目立った特徴がある。この2%の差が持つ意味とは……。

昨年来、米国のIT大手が次々と中国企業と合弁会社を設立しているが、その内容には共通した特徴がある

 中国でもっとも読まれている経済誌『財新週刊』2017年第3期(1月16日)のトップ記事「ITの新合弁時代」によると、自動車及び高速鉄道の普及の後には、中国の情報技術分野に「市場と技術の交換」の波が押し寄せているという。

 同記事によれば、昨年来、米国のIT大手が次々と中国企業と合弁会社を設立しており、新たな合弁企業の米国側は、マイクロソフトやHP、ICチップ企業のクアルコムやハードディスクで知られるウェスタン・デジタルなど、IT産業の一流企業が名を連ねている。これらの合弁企業の多くには、「持ち株比率が中国側51%、外資側49%」という目立った特徴がある。

 持ち株比率における2%の差には、隠された深い意味がある。それは、中国側の主導を実現し、情報技術を「自主管理」したいという中国の要求を満たす、ということであり、外資側は中国市場を確保するためにこれに応ぜざるを得ないということである。

生き残り難しい独資企業
合弁以外に選択の余地がない

 2013年に「スノーデン事件」が発生した後、中国でもネットに対する監視・管理がかつてないほど重視されるようになった。その結果、多くの政府部門や国有企業が、IT分野で依存度の高い「IOE」(IBM、オラクル、EMCの3社を指す)の製品取り除くことを提唱するようになった。つまり、「海外ブランドの設備を国産設備と入れ替える」ということであり、中国で勢いのあった多くのグローバルIT企業は、瞬く間に打撃を受け売り上げを落とした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

陳言 [在北京ジャーナリスト]

1982年南京大学卒。『経済日報』に勤務してから、1989年に東京大学新聞研究所、慶応大学経済学研究科に留学、博士課程終了、萩国際大学教授。2003年に帰国。月刊『経済』主筆。2010年から日本企業(中国)研究院を設立、執行院長。ダイヤモンドオンライン、『週刊東洋経済』『アエラ』『中国経済週刊』『中国経営報』などのメディアに数多くの記事を掲載。2015年日本語日刊紙『速読中国』を創刊して編集長を兼任。


陳言の選り抜き中国情報

世界第2位の経済大国になった中国は、依然として猛烈なスピードで変化している。一方、中国にはウェブ系も含めると、何千というメディアが存在し、情報が溢れかえっている。北京在住の経済ジャーナリスト・陳言氏が玉石混交の情報の中から、中国の対外関係、多国籍企業、技術革新、中国の経済政策など日本経済や日本企業に影響を及ぼす情報を選りすぐり解説する。そこからは日本のメディアが伝える中国とは、違った姿が見えてくる。

「陳言の選り抜き中国情報」

⇒バックナンバー一覧