ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
陳言の選り抜き中国情報

パクリ横行の中国自動車市場
トレンドはSUVからEVへ

陳言 [在北京ジャーナリスト]
2015年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
天津のEVスタンド (Photo: 新華社/アフロ)

 年間3000万台もの自動車が販売される中国自動車市場に関して、明るい展望を持っている人は、最近、急に黙りこんでいる。また怒涛のように売れているSUV車にも少しずつかげりが出てきている。SUVに賭けた完成車メーカーはこれから苦しくなるだろう。

 北京市内で大学、研究所などへ取材に出かけた時に気付く駐車場の変化は、電気自動車の充電スタンドが林立し、結構充電している車が多いということだ。日本と違って、中国はどこにでもガソリンスタンドがあるかと言えば、ちょっとした田舎に行くとそれはなく、代わりに電気は通じている。電気オートバイがどの町でも、群れをなして颯爽と走っていくのを見ると、おそらく中国では日本と全く違って、電気自動車がこれからどんどん増えていくと感じられるだろう。

 中国の自動車市場でいつまで経っても変わらないのは、模倣車だ。外国でよく売れている車が、中国のブランドを貼り付けて走っていると思ったら、それはだいたい中国で模倣して作ったものである。なんといっても安くて格好よく、まったく特許侵害などのイメージはない。そもそもそれは特許やデザインなどを「侵害していない」ものだ。

SUVに依存する東風汽車
競争激化でリスク増大

『北京商報』によると、統計では、今年の9ヵ月間で、東風風神S30(風神は東風の自主ブランド名)の販売台数は4500台のみで、前年同期比79.6%減、東風風神A60の販売量は5500台で、前年同期比70.1%減で、東風風神の乗用車勢は全ラインで大敗北を喫し、現在はSUVタイプのAX7だけで販売台数を支えている。

 SUVの比重が高く、乗用車の比重が低いことはすでに東風自動車自主ブランド発展を妨げる病気の一つとなっていると言うことができる。過度にSUVに頼っていることで、SUV市場がひとたび下向きになると、その結果は完全な敗北となる。 

 この危機から脱するために、現在、東風風神は乗用車A60の改良型車種を発売し、希望価格を約2万元も値下げした。東風風神はある面で「低価格」で市場を変えようとしており、また一方でハイクラスの車種にも手を伸ばそうとしている。しかし、東風風神の中心的部品はいまだ合資ブランドの提供に頼っており、自社独自の技術蓄積に欠け、それに加えて自主戦略にも不確実性があるため、東風はいまだ極めて厳しい試練に直面している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

陳言 [在北京ジャーナリスト]

1982年南京大学卒。『経済日報』に勤務してから、1989年に東京大学新聞研究所、慶応大学経済学研究科に留学、博士課程終了、萩国際大学教授。2003年に帰国。月刊『経済』主筆。2010年から日本企業(中国)研究院を設立、執行院長。ダイヤモンドオンライン、『週刊東洋経済』『アエラ』『中国経済週刊』『中国経営報』などのメディアに数多くの記事を掲載。2015年日本語日刊紙『速読中国』を創刊して編集長を兼任。


陳言の選り抜き中国情報

世界第2位の経済大国になった中国は、依然として猛烈なスピードで変化している。一方、中国にはウェブ系も含めると、何千というメディアが存在し、情報が溢れかえっている。北京在住の経済ジャーナリスト・陳言氏が玉石混交の情報の中から、中国の対外関係、多国籍企業、技術革新、中国の経済政策など日本経済や日本企業に影響を及ぼす情報を選りすぐり解説する。そこからは日本のメディアが伝える中国とは、違った姿が見えてくる。

「陳言の選り抜き中国情報」

⇒バックナンバー一覧