ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中国フロンティア 開拓使

中国初の外資系レンタル企業になった
「エイトレント」のフロンティア精神と成功を支えた人脈術
――中塚克敏社長に聞く「中国人キーマンとの付き合い方」

【第11回】 2011年4月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

今回取り上げるのは、中国で初めて外資系レンタル企業として認定を受けた上海エイトレント(上海八蓮正陽総合物品租賃有限公司)。今や他の日系企業もオフィス用品をはじめとしたレンタル事業を展開しているが、なんと同社が事業展開をはじめた2004年まで中国には“レンタル”という概念がほとんど浸透していなかったというから驚きだ。そんな環境にもかかわらず、開業3年で黒字化、右肩上がりの成長を続ける背景にはどのような苦労と秘策があったのだろうか。日本で総合物品レンタル会社を展開するエイトレントの代表取締役であり、上海エイトレントの董事長でもある中塚克敏社長に進出成功の裏側を語ってもらった。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン 林恭子)

高度経済成長期、「地球環境を守ろう」と創業
レンタルの重要性を説くために中国へ

――日本で総合物品レンタル企業として創業してから50年近い歴史を持つ「エイトレント」が、中国へ進出しようと思われたきっかけはどんなことだったのでしょうか。

エイトレント代表取締役社長 兼 上海エイトレント董事長 中塚克敏氏

 先代である私の父が事業を立ち上げた1963年(昭和38年)。当時は、高度成長期の真っ只中。大量生産・大量消費が当然の時代でした。そんななかで父はその時代に逆行するように「もったいない」「地球環境を守ろう」と訴え続け、それがレンタル業の礎となりました。

 当時はもちろん日本だけのスタートでしたが、海外に目を向けるきっかけになったのは1974年に東京と大阪で開かれた中国博という博覧会でレンタルの発注をいただいたことです。ここで大きな成功を収め、中国の方と交流する機会があったことが中国進出を視野に入れるきっかけになりました。

 また、高度経済成長期にある中国ではかつての日本の十数倍の人たちによって大量消費がなされています。このままでは地球環境に大きな影響を与えることは必至。そんな状況にある中国の方々に、同じものを繰り返し使う“レンタル”を伝えたいという思いが芽生えたことも、参入を後押しすることになりました。

 とはいえ、いきなり中国へ進出できるという時代ではありませんでした。そこで、まず中国でのビジネスの機会を探るため、1996年から台湾に海外拠点を設けました。そして中国に何度も足を運んでパートナー探しなどの準備を行い、02年に中国進出を決断。04年、上海エイトレントを創業しました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


中国フロンティア 開拓使

現在、多くの日本企業が中国での事業展開を行っているが、中国進出には日本とは全く違う苦労と苦悩が待ち構えている。一体どのようにしてその苦労と立ち向かい、活躍を果たしたのか。この連載では、中国進出にて成果を上げる日本企業を取り上げ、その秘訣を追う。

「中国フロンティア 開拓使」

⇒バックナンバー一覧