「(ホンダのブランドイメージは)BMW並みだ」(タイのホンダ現地工場関係者)。

 「シビックでも十分に高級車。アコードになると、BMWとかと同じセグメントに見られる」(ブラジルのホンダ現地工場関係者)。

 「アコードは高級車。BMWやメルセデスと同格」(インドのホンダ販売店関係者)。

 「中国ではアウディやBMWを買うのが庶民の夢。アコードは、それらと同程度のステイタスシンボルだ」(アコード中国国内生産販売累計100万台突破の記者会見後の、地元メディア関係者の弁)。

広州ホンダが2010年末の投入を予定している新ブランド「理念」のコンセプトカー。実際の「理念」の量産型第一弾は、超小型3ドアハッチバックと推測される。詳細は、本記事の5ページ以降を参照。

 新興国市場を巡っていると、こうした「一般の日本人には到底理解も想像もできないようなホンダのイメージ」が浸透していることに驚かされる。

 これはけっして、給与水準で比較して新興国が先進国(日米と旧西欧)より低いため「舶来品が押し並べて高級品」という解釈ではない。あくまでも、ホンダ単体のイメージが「BMWっぽい高級感」なのだ。