ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスマンのための中国経済事情の読み方

中国の音楽業界に異変 本格ジャズがいま大ブーム!

高田勝巳 [アクアビジネスコンサルティング代表取締役]
【第14回】 2008年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回はすこしばかり明るく柔らかい話題を提供してみたい。

 最近、中国でメジャーデビューを果たした19歳のジャズシンガーが話題を呼んでいる。CDの売上げの出足も好調で、週間ネットランキングではトップの売れ行きだ。

アルバム『Start From Here』ジャケットより(出典:新浪網)

 JOANNA WANG(王若琳)がその人。台湾出身、アメリカ育ちの彼女は、中国で有名な台湾の音楽ロデューサー王治平の娘としても知られる。Joannaは、アメリカで幼いころから様々な言語、各種のジャンルの音楽に親しみ、その才能が磨かれてきたようだ。

 JOANNA WANGは、初のアルバム『Start From Here』の発表にあわせて、4月に上海、北京のライブハウスでお披露目会を行った。その反応は主催者の予想を大きく超え、ネットで彼女の評判と歌声を聞いた数百名のファンが押し寄せ、会場に入りきれないファンもあったほど。

 現地では、「すっきりして精致な音楽」「温かみでやさしく質感の歌声」との評価で、なぜか「中国の小野リサ」と言われている。小野リサはボサノバであるが、ともにジャズ系の音楽で、その軽く心地よいサウンドからそのようにいわれているのであろうか。

お披露目会の様子、多くの有名スターもお目見え(出典:新浪網)

 これまで中国でデビューする中国歌手は、台湾出身、香港出身を含めて、基本的には大衆受けするポップミュージックが主流で、本格的なジャズシンガーとしてメジャーデビューしたのはおそらく彼女が初めてだ。

 日本では、中国重慶出身で、ニューヨークで活躍中のジャズシンガー、Bei Shuが比較的知られているが、中国本土では本格的なセールス活動はしていない。実際、両者の歌声を聞いてみると、JOANNA WANGはより大衆受けしそうな軽く明るい歌声に対し、Bei Shuはやや渋みの聞いた玄人受けしそうな歌声ともいえる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高田勝巳氏の著書「中国株式市場の真実」好評発売中!

粉飾・汚職・詐欺・国外逃亡・・・。政・官・財一体の公営賭博場と揶揄される中国株式市場の闇の構造を克明に描き、再生の可能性を探る。 2520円(税込)

話題の記事

高田勝巳 [アクアビジネスコンサルティング代表取締役]

上海在住15年。日系企業の中国ビジネス構築を支援しながら、中国経済の動向を「現地の視点・鋭い分析・分かりやすい言葉」をモットーにメディア等を通して日本に発信している。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)本部証券部門、上海支店等を経て2002年より現職。主な著書に『中国株式市場の真実』(共著・ダイヤモンド社刊)がある。
アクアビジネスコンサルティング ホームページ


ビジネスマンのための中国経済事情の読み方

長年中国に住み、現地企業や政府と接してきた著者が贈る中国リポート。ニュースではわからない、現地で暮らしているからこそ見えてくる“リアルな中国”を紹介する。

「ビジネスマンのための中国経済事情の読み方」

⇒バックナンバー一覧