ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンドで読む 逆引き日本経済史

1960年代高度成長期にやってきた「昭和40年不況」
なぜたった1年で日本経済は復活できたのか

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]
【第25回】 2011年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大正時代から現代まで、その時代の経済事象をつぶさに追ってきた『週刊ダイヤモンド』。創刊約100年となるバックナンバーでは、日本経済の現代史が語られているといってもいい。本コラムでは、約100年間の『週刊ダイヤモンド』を紐解きながら歴史を逆引きしていく。今回は、1960年代の高度経済成長期に起きた「昭和40年不況」から日本経済がたった1年間で回復できた背景を逆引きしていく。(坪井賢一)

東京五輪後に起きた「昭和40年不況」
大手企業が倒産するも1年で回復へ

 1959-1969年度のGNP(国民総生産)成長率の推移を見ると、1965(昭和40)年が突出して低迷したことがわかる。名目成長率は二桁だが、これはインフレだったためで実質成長率は4.4%と、一桁台の前半だった。これを「昭和40年不況」という。

 昭和40(1965)年に何が起きたのだろうか。

 高度成長期の1965年10月に景気が下降し、1966年10月に底を打ち、再び上昇に転じた後は1970年度まで二桁成長を続けることになる。これを「いざなぎ景気」という。今から見れば昭和40年不況はたった1年間で回復したわけで、人々の記憶にはあまり残っていない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


週刊ダイヤモンドで読む 逆引き日本経済史

大正時代から現代まで、その時代の経済事象をつぶさに追ってきた『週刊ダイヤモンド』。創刊約100年となるそのバックナンバーでは、日本経済の現代史が語られているといってもいい。本コラムでは、100年間の『週刊ダイヤモンド』を紐解きながら、歴史を逆引きしていく。

「週刊ダイヤモンドで読む 逆引き日本経済史」

⇒バックナンバー一覧