ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー

岡田斗司夫×堀江貴文が語りつくす!(第2回)
テレビに出たい人はお金を払えばいい。
『評価経済社会』刊行記念トークイベント

1
nextpage

印税ゼロで出版されたことでも話題となっている、岡田斗司夫氏の新刊『評価経済社会』(ダイヤモンド社)。ツイッターをはじめソーシャルメディアとも相性がいいという「評価経済社会」とは、いったいどんな社会なのか。そして、そんな世界の変わり目に生きる私たちは、どうふるまっていけばいいのか。また、未曽有の大震災をへて、日本はどこへ向かうのか。ゲストに堀江貴文氏、ファシリテーターに慶應義塾大学の中村伊知哉教授を迎えて、徹底的に語ってもらった。
 

評価経済によってコンテンツは
フリー&マッシュアップ化する

――さて、FREEexは、アナログの時代にもすでにあったという話でしたが、これからコンテンツはどんどんフリーになっていくんですか?

堀江 フリー&マッシュアップですね。最近、いっしょにロケットをつくっているメディア・アーティストの八谷和彦さんが、「おなかがいたくなった原発くん」というのを書き始めたんです。そしたら、それがいつの間にか絵本になって、フラッシュアニメで動いてた。誰かがどんどん勝手につくっていくんですよ。

岡田 勝手につくってもいいよっていって、そのあともお金をとらない。でもちゃんと八谷さんの名前は残って評価が上がっていく。それがある限り、八谷さんは食うのに困らないし、それ以上のものを得ているんです。お金を得ようとして、著作権を主張したりすればするほど、限られた人しか参加できなくて集合知が集まらなくなっちゃう。

堀江 震災のときに感じたことがもうひとつあって、僕はフォロワーが多いので、いろんな安否情報とか有用な情報をリツイートしていたんです。放射能漏れがあったとき、最初は自治体が発表する数値は文字でUPされていたんですが、「これ、グラフにしてくんないかな」って言ったら、それがすぐグラフになる。アクセスが集中して見られなくなったら、有志がどんどんクラウド化していってくれる。

岡田 ほしいっていったらいつの間にかできてる、「クラウドドラえもん」ですね。

堀江 ほんとそんな感じ。僕が見たいものが、すぐにできてくる、これってまさに評価社会なのかなって。もうでかい会社はいらないなって思いましたね。

岡田 お金払って雇っている社員よりいい。

堀江 お金払って雇っている社員よりずっといい。ほんといい。

――同じこと言ってますね(笑)。堀江さんは震災で、拡散希望ツイートをしてメディアとしての役割を果たしました。他にも、ジャスト・ギビングで募金を集めていましたよね?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)




エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧