ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チェーンストアエイジThe Interview

アジェントリクス CEO ウェリントン・マシャド
2005年、WWREとGNXの合併で誕生したアジェントリクス ヨーロッパ流のPB開発をアジアへ!

チェーンストアエイジ
【第34回】 2011年4月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

小売業向けに企業間電子商取引サービスを提供するアジェントリクスが高成長を続けている。南米ブラジルの売上高は対2009年比35%増、欧米事業も同30%増と大きく業績を伸ばした。同社は05年、英テスコやイオン(千葉県/岡田元也社長)が出資したワールドワイド・リテール・エクスチェンジ(WWRE)と、仏カルフール社などが出資したグローバル・ネット・エクスチェンジ(GNX)が合併して誕生。08年にはブラジルのIT企業MAP社の傘下に入っている。アジェントリクスは今何を考え、どこへ向かうのか。次の一手をウェリントン・マシャドCEO(最高経営責任者)に聞いた聞き手/千田直哉(チェーンストアエイジ)

バイヤー業務を軽くする! 

アジェントリクス CEO
ウェリントン・マシャド
Wellington Machado
ブラジルのIT企業での要職を経て、1999年アジェントリクス社関連会社のNeoGrid社(本社ブラジル)に入社。営業本部長、国際事業開発部門責任者などを歴任後、2006年NeoGrid社CEOに就任。10年からAgentrics, LLC(本社 米国シカゴ)のCEO。41歳。

──アジェントリクスの前身であるGNXやWWREは、企業間電子商取引を利用した資材の共同購入で知られていました。現在は、それら事業のほかに、どのような事業展開をしていますか?

マシャド アジェントリクスは2005年に、WWREとGNXが合併してできた企業です。08年にはブラジルのIT企業MAP社が最大株主になりました。私のMAPグループでのキャリアは24年になりますが、その間、MAPグループは順調に成長を続けています。

 アジェントリクスはグローバル展開する大手小売業が集まったコンソーシアムとして出発した経緯がありますが、今は当初からは形態が変わってきています。従来は小売業へのサービス提供が主でしたが、今は小売業と取引先であるサプライヤーをつなぐサービス提供者として、サプライチェーン全体に包括的に関与しています。当社はサプライチェーン全体を、商品の流れという観点から4つの領域に分けてサービス展開しています。

 1つめは、最も認知度の高い「次世代取引ソリューション(SMC)」です。電子商談、支出分析、契約管理の3つのサービスで構成されており、購買業務の“見える化”と業務の効率化がねらいです。これは全世界に提供しています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チェーンストアエイジ

『チェーンストアエイジ』誌は、創刊40年を迎える隔週発行の流通ビジネスマン必携・必須の情報誌です。マーケティング&イノベーションにつながるビジネスヒントを満載。徹底的に現場を取材し、データにこだわることで流通業界内外において、キラリと異彩を放っています。GMS(総合スーパー)、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター、専門店チェーン、インターネットリテーラーほか、卸売業、製造業など最新・最重要なニュースとデータをご提供します。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


チェーンストアエイジThe Interview

『チェーンストアエイジ』誌の編集長が、折々、流通業界でもっとも注目されているトップに猛烈接近して、読者の聞きたいタイムリーな回答を引き出します。

「チェーンストアエイジThe Interview」

⇒バックナンバー一覧