ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がんばらない介護
【第1回】 2017年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
橋中今日子

いつもと様子が違ったら
迷わず救急車を呼ぶ
介護保険制度やサービスを使いこなす方法1

previous page
3

状況が落ち着いたら再認定を

Dさんの母親は、その後、「要介護2」と認定されました。
骨折の影響で、外出時には車椅子が必要になりましたが、自宅内は歩けます。

最初の介護保険の申請から数年経っていたので、新規の場合とほぼ同じ手続きが必要でしたが、救急搬送されたことで早く診断がつき、申請はスムーズでした。
現在は、担当のケアマネが決まり、父親とDさんの希望を考慮した介護サービスの利用も始まっています。

●ポイント
ただごとでない容態だと感じたら、意識のあるなしにかかわらず、ためらわずに救急車を要請しましょう。1本電話をすることで、手術やリハビリのタイミングを逃さずに済み、寝たきりになるのを防げるかもしれません。

電話する際には「○歳の母(父)です。持病に○○、過去の病歴に○○があります。現在の状態は○○です」と判断材料になる情報も伝えてください。必要性や緊急性がよく伝わり、先方も対処しやすくなります。

北海道、東京、愛知、大阪、奈良では「救急安心センター」が設置されており、救急車を呼ぶべきか迷ったときは、「#7119」に電話して相談できます。

previous page
3
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



理学療法士
リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。


がんばらない介護

リハビリの専門家(理学療法士)であり、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護してきた橋中今日子さんが、3/16配本の著書『がんばらない介護』の中から、DOL読者にふさわしい10項目をピックアップして紹介する。また、母親の在宅介護を経験した作家・落合恵子さんとの4回にわたる「介護と仕事の両立」をテーマにした対談も掲載。

「がんばらない介護」

⇒バックナンバー一覧